5日にフランス・パリで発表された世界ベストレストラン・ランキング1000「ラ・リスト」では、中国のレストラン100店が選出された。日本の116店、フランスの113店に次ぐ数だ。写真は北京ダック。

写真拡大

5日にフランス・パリで発表された世界ベストレストラン・ランキング1000「ラ・リスト」では、中国のレストラン100店が選出された。日本の116店、フランスの113店に次ぐ数だ。新華社が伝えた。

フランス観光開発機構のフィリップ・フォール理事長はランキングの発表にあたって、「この中国のレストラン100店には中国本土と香港、マカオ、台湾の店が含まれている」と述べた。

イタリアのレストランはコストパフォーマンスが全体として突出しており、スイスは国土面積は小さいながら、44店がランク入りした。

フォール理事長は、「世界ベストレストラン1000店の選出方法は『上海ランキング』などと呼ばれる世界大学学術ランキングのやり方を踏襲しており、利用する資料は400種類に迫る」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)