12月4日(日)ツインリンクもてぎで開催された、年に一度のビックイベント「Honda Racing THANKS DAY2016」。今回は午後の部をどーんと紹介します!

1

■Honda Racing THANKS Ceremony

イベント恒例のセレモニーには、ホンダ八郷社長を始めイベントに参加する全ライダー、ドライバーが集結! セレモニーを見ると「今年もHonda Racing THANKS DAYに来たー!」とテンションが一段と上がります。

 

今年のセレモニーは今までと一味違いました! なんと、ゲスト陣がステージ前に敷かれたレッドカーペットに登場し、待っているファンの方にサインをしながらステージに向かったのです!! レッドカーペットを歩く姿はまるで、ハリウッドスターのよう。絵になります。

さてここで舞台裏を少しだけ紹介しちゃいます。ドライバー達が立つステージの裏には、それぞれの名前が貼ってありどこに誰が立つのか一目で分かるようになっているのですが、もちろん私は大好きなバトン選手の立ち位置を即チェック。正面からは撮影することができなかったので、真後ろに回ってみました。

近い! そして後姿もかっこいい!! 仕事中でしたが、一人ニヤニヤしていたかも!? ちなみに手を後ろで組んでいるのがバトン選手、隣がアロンソ選手です。バトン選手はセレモニー中、なぜか指先を常に動かしていましたよ。寒かったのでしょうか?

■Sound of ENGINE〜世界最速への挑戦〜

F1の歴史を彩ったHonda RA301(1968年)とMcLaren Honda MP4/6(1991年)がツインリンクもてぎに蘇りました。

走行前、ガレージに並ぶ2台のマシン。マシンだけ見ると、まるでタイムスリップしたかのようですがドライバーを見ると現代のトップドライバーが乗っている……なんだかとっても不思議な感覚でした。まさに夢の共演とはこのことですね。

 

 

RA301をドライブしたアロンソ選手は「めちゃくちゃ楽しかったです。現代のF1マシンに比べて大分違うところがあり、コックピットは狭くとってもタイト。そして何といってもシートベルトがないことが、凄く不思議な感じがしました。」と、マシンの印象を語っていました。

 

 

MP4/6を初めてドライブしたというバトン選手は「とにかくサウンドが凄かったです。このマシンを乗ったのは初めてだったんですけれども、全てが自分を興奮させてくれました。本当に楽しかったです。そして皆さんが楽しんでくれていれば、それが一番嬉しく思います。」とMP4/6のサウンドに酔いしれていました。

■McLaren-Hondaプレミアムサイン会

アロンソ選手、バトン選手、バンドーン選手の3人からサインが貰えるというプレミアムサイン会。お客さん全員が参加できたら最高なのですが、残念ながら抽選。ドライバーの事を思うと、仕方ないですね。

抽選参加方法はとっても簡単。まず、6:30から10:30に中央エントランスで配布さる抽選券をゲットします(一人につき一回のみ)。その後、11:30から発表される当選番号に自分の番号があれば、当たり! サイン会に参加できます。

 

サイン会はテント内で行われたのですが、こんな至近距離にドライバーが3人もいるなんて緊張しすぎて倒れちゃいそう! 小さなお子様もいて、ドライバー達は「So cute!」とメロメロでしたよ。

実は私もファンとしてサインを貰いたい!と思い、メディアパスを持っていながらチケットを購入しサイン会の抽選にこっそり参加したのですが、残念ながらハズレ……。当たった方が神々しく見えました。その運分けてくださーい!!

■Dream対決! Honda Racing No.1決定戦

ライダー7人、ドライバー10人が、ホンダCR-Z Sports&Eco仕様車でエキシビジョンレースを行いました。全員同じ車種でクルマの性能も同じ。レースの鍵を握るのはドライビングテクニックのみ! これは見物ですね。

 

エキシビジョンレースは、クルマの性能や新しいレースカテゴリーの紹介をするのが目的で、無理な競り合いや追い越しはしない模範レースですが、ホンダのライダー、ドライバー達がやるとそうはいきません。

これは本戦?と目を疑うほどの激しいバトルが繰り広げられました。熱くなりすぎて、接触してしまう場面も。誰も手を抜かない本気バトルに解説陣、スタッフはヒヤヒヤしていました。

でも、レースとなるとこんなにも熱くなってしまうドライバーがまた魅力的。今まで以上にかっこよく見えた瞬間でした。

レース終了後、大興奮の様子でマシンから降りてきたドライバー達。そんな中、一人だけ顔が倍以上大きくなったドライバーがいました。もうお分かりかとは思いますが、犯人はもちろん(?)アロンソ選手。自分のマスクを被りながらウロチョロしているではありませんか。アロンソ選手、自由すぎます!

 

それぞれレースやコース、クルマのことを夢中で話していて、インタビューになりません! ここは男子高?と思うくらい、大盛り上がりでしたよ。

■2&4スーパー・パフォーマンス

2部構成で行われた「2&4スーパー・パフォーマンス」。1部ではMotoGPチャンピオンマシンRC213Vと国内最速のトップフォーミュラSF14、さらにはSUPER GT参戦マシンNSX CONCEPT-GT、新型NSXが登場。このイベントでしか見ることができない夢の走行を披露しました。

アロンソ選手とバトン選手は新型NSXをドライブ。シートの位置を入念に合わせたりと、走行前の準備も怠りません。

   

2部はアロンソ選手がイベントの中で何よりも楽しみにしていた、マルケス選手とのRC213V走行。そしてバトン選手とペドロサ選手はNSX CONCEPT-GTに乗り、サーキットを走行しました。

ライダースーツに着替えたアロンソ選手はすぐさまバトン選手のもとへ。どうやら自慢しにいったようですね。同世代ということもあり、本当に仲良しな2人です。

バトン選手もバイクが気になるのか、真剣な眼差しで見つめています。バトン選手がRC213Vに乗っているところも見てみたいですよね!

昨年もRC213Vに乗ったアロンソ選手ですが、今年もまたRC213Vに乗れることを一年間ずっと楽しみにしてきたのだそうで、なんとバイク用ヘルメットをこのイベントのために新調してきていました! ホンダカラーのヘルメットの後ろには侍の絵が描かれていて、気合十分です。

いざコースに出ると、その速さにびっくり! 昨年よりも更にスピードを上げているように感じられました。スピードに慣れているとはいえ、2輪は4輪とは全く違う乗り物。アロンソ選手の運動能力の高さには毎年驚かされます。

バトン選手も負けてはいられません。周回を重ねるごとに速さを増すNSX CONCEPT-GT。鼓膜が震えるほどのエンジン音は、最高でした! もし来年SUPER GTに参戦したらこんな感じ!? とも思いましたが、走行後「SUPER GTの噂は信じないで。とにかく来年は休養したいんだ。」とコメント。残念……。

走行後、やはり真っ先にバトン選手の所へ向かったアロンソ選手でしたが、今度は膝のプロテクターに跡がついた! と大喜び。そう、跡が着いたということはMoToGP名物の膝すり(コーナーを曲がる際に車体を驚くほど深くねかせ膝をすりながら旋回する技)が出来たということですもんね。って、そこまで攻めちゃう(しかもできちゃう)アロンソ選手がすごすぎる! 私達メディアにも「凄いだろー」と自慢げ。よっぽど嬉しかったのでしょうね。

楽しいことは本当にあっという間です。フィナーレでは、もう一度今日一日イベントを盛り上げてくれたライダー、ドライバーが勢揃いし、ファンの皆さんにご挨拶。来年のさらなる活躍を誓いました。

ライダーとドライバーの競演、違うカテゴリーのマシンをドライブするなど、このイベントでしか見ることができないプログラムが盛りだくさんだった「Honda Racing THANKS DAY2016」。

たくさんの夢の競演にはもちろん感動しましたが、何よりも印象的だったのはライダー、ドライバーが心から楽しんでいることでした。レース中では絶対に見る事ができない、リラックスした表情、そして笑顔をたくさん見る事ができてよかったです。

F1ドライバーって、雲の上にいる人というとても遠い存在でしたが(もちろん今もそうですが)、少しだけドライバーが身近に感じられた、そんな素敵なイベントでした。

(yuri)

【関連記事】

新たな一面を発見!? アロンソはイタズラ好き?【F1女子のHonda Racing THANKS DAY2016】
http://clicccar.com/2016/12/06/423255/

アロンソ選手がバトン選手に自慢気に話していたこととは?【F1女子のHonda Racing THANKS DAY2016】(http://clicccar.com/2016/12/07/423622/)