チョン・サングン、親友のキム・ピルに言及「近いうちに入隊しなければならない」

写真拡大

歌手チョン・サングンがキム・ピルの軍入隊に対して言及し、視線を引き付けた。

7日の午後、ソウル龍山(ヨンサン) 区漢南洞(ハンナムドン) にあるSTRADEUMでは、チョン・サングンの1stシングル「the Ballad」のショーケースが開催された。

チョン・サングンとキム・ピルは親友関係だと知られている。彼は「20歳の時、お兄さんと知り合った」と話し、最近新曲を発売したキム・ピルに「僕は僕だけの感性を持っている」とアピールした。

チョン・サングンは「必ず勝つことができるように頑張る。キム・ピルは入隊しなければならない状況だ」と付け加えた。チョン・サングンは軍畢(兵役の義務を果たす) であり、キム・ピルは来年初めに入隊を控えている。

チョン・サングンは1月、Mnet「君の声が見える」シーズン2の最終回に“応答せよ 三千浦(サムチョンポ)”というニックネームで出演し、名前を知らせた。タイトル曲「僕の手で息を止めること」は、イ・チャンヒョンが作曲、キム・イナが作詞を手掛けた曲で、感性的で洗練したポップサウンドと、繊細な緩急の調節が印象的なチョン・サングンのボーカルが調和をなし、別れの正義を歌った曲だ。韓国で8日に公開する予定だ。