「純米吟醸酒 龍の瞳 720ml」(2700円)

写真拡大

奇跡のお米で作った日本酒が完成した。

【写真を見る】原料米となった岐阜県下呂市発祥の「龍の瞳」

株式会社龍の瞳と日本泉酒造が、岐阜県の農商工連携ファンドの助成金を活用し、岐阜県下呂市発祥のお米「龍の瞳」を原料米とした日本酒「純米吟醸酒 龍の瞳 720ml」(2700円)を、11月から販売開始している。

すっきりとした辛口で、肉料理との相性がいい同酒。「龍の瞳」は今までの原料米と特性が異なるため、酒造りの苦労がありながら今年10月に完成した。

同月には、株式会社龍の瞳が、酒類販売業免許の条件緩和によって酒類販売の卸免許を取得。画竜点睛を欠くことなく、翌月から販売となっていた。【ウォーカープラス編集部/コタニ】