ボミ、人生初“みこし”でスマイル全開!(撮影:岩井康博)

写真拡大

 契約メーカーの手厚い歓待に、女王の笑顔がこぼれた。7日(水)、2年連続賞金女王に輝いたイ・ボミ(韓国)は契約を結ぶ本間ゴルフの酒田工場を訪問。そこでは、全社員による祝勝セレモニーが開催され、人生初の“みこし”を体験した。
イ・ボミ、大リーガー・マー君と共演
 同会の冒頭では、同じチーム本間の谷原秀人、笠りつ子と共にみこしに乗せられたボミ。300人を超える社員が集まる中、みこしの上から笑顔で手を振り、壇上へと進んだ。「こんなに大きなイベントをしてもらえてビックリです。感動しました」と同社が催した最大級のおもてなしに興奮した様子だった。
 その後、今季挙げた5勝を祝う特製トロフィや、2年連続賞金女王を祝う盾を贈呈されたボミ。「今年は去年以上にしんどい時もありましたけど、こうしていい結果を出せたのはみなさんの力があったからです」と1年の感謝を伝え、さらに「来年はさらにプレッシャーがかかると思いますが、そのときはみなさんの顔を思い出して乗り越えていきたい」と力強く話した。
 同会ではボミだけでなく、谷原と笠からも力強い宣言が。谷原は「この場に来れたのは世界一のサポート力があったから」と同社を賞賛すると共に「来年は賞金王を獲れるように頑張ります」と来季の抱負を語った。一方、笠は「今年は念願だった賞金1億円を獲得することができたので、来年は2億円を目標に頑張ります!」と話し、社員からの喝采を浴びた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>