7日、澎湃新聞によると、中国安徽省六安市のホテルで4日夜、エレベーター内で大量の風船が爆発し、8人が顔面を負傷するという事故が起きた。資料写真。

写真拡大

2016年12月7日、澎湃新聞によると、中国安徽省六安市のホテルで4日夜、エレベーター内で大量の風船が爆発し、8人が顔面を負傷するという事故が起きた。風船の中には国の規定で禁止されている水素ガスが充てんされていたという。

風船はホテルであった誕生パーティーの装飾用として使われたもので、参加者らは自宅に持ち帰ろうと大量の風船を手にしてエレベーターに乗り込んだ。パーティー気分の抜けない数人がふざけ合う中、このうちの1人が「火を付けよう」と発言。他の人が制止し終わるのを待たずにライターの火を近付けたところ、全ての風船が一斉に爆発を起こし、エレベーターは1階と2階の間で停止、乗っていた人は駆け付けた消防により救助される事態となった。

中国当局は「爆発を起こしやすい」という理由で、風船に水素ガスを充てんすることを禁じる規定を設けている。(翻訳・編集/野谷)