東京国際フォーラムホールAにて「YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL WORLD TOUR 第二弾」の東京公演初日が幕を開けた

写真拡大

12月6日、東京国際フォーラムホールAにて3日間にわたって開催される「YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL WORLD TOUR 第二弾」の東京公演初日が幕を開けた。

【写真を見る】YOSHIKIとオーケストラによる華麗なる演奏に観客は酔いしれる

5日の大阪城ホールを皮切りに始まった今回のツアー。12月6日〜8日(木)の東京国際フォーラム、12月29日(木)の香港公演を経て、年明け'17年1月12日(木)、13日(金)にはクラシック音楽の殿堂ニューヨーク・カーネギーホールに挑む。

4歳でピアノを、9歳で作曲を始めた本人が「夢だった」と語るカーネギーの舞台を踏む日がついにやってくる。

その“前哨戦”となる今回の日本公演では、'14年に10カ国を巡ったクラシックワールドツアー以来約2年ぶり、オーケストラとの共演に至っては'02年のシンフォニックコンサートから実に14年ぶりだというこのツアーへの期待値は高く、チケットは日本公演全てがソールドアウト。

また、業界人や文化人にファンが多いYOSHIKIならではの豪華な顔ぶれがVIPとして、日本のみならず世界各国から集まった。

'99年天皇陛下御即位10年奉祝曲「Anniversary」や、'05年日本国際博覧会「愛・地球博」公式イメージソング「I'll Be Your Love」。

'12、'13年ゴールデングローブ賞テーマ曲「Golden Globe Theme」など、これまで彼が発表してきた壮大なスケールの楽曲たちに加え、自身が影響を受けたというベートーベンやチャイコフスキーのクラシック楽曲、さらにはオーケストラバージョンにアレンジされた「KURENAI」「Forever Love」「Tears」などのX JAPANの代表曲たち、そして待望の新曲「La Venus」もお披露目されるというぜいたくな内容だ。

特にオペラシンガーを迎えての「MIRACLE」の迫力は圧巻の一言。観客席からも思わず感嘆の声が上がるほどで、はるばる海外から呼び寄せた指揮者やゲストボーカリスト、そして美しいライティング演出が幻想的な空間に花を添える。最後は観客が一体となり、名曲「Endless Rain」の大合唱。

まるで観客までもが演出の一つになったかのような感動のエンディングは、通常のクラシックコンサートでは見ることのできないYOSHIKIだからこそ成せる業だった。

'14年にX JAPANの一員としてロックの殿堂マディソン・スクエア・ガーデン公演を成功させ、次に待つのは“クラシックの殿堂”カーネギーホール。

共演するのは、日本で最も古い歴史を持ち、'15年度CNN・世界におけるトップ10オーケストラの一つに選ばれている東京フィルハーモニー交響楽団だ。

「僕のルーツを感じてもらえるような、そんな公演になると思う」とYOSHIKIが語る今回のクラシカルツアー。総勢48人のオーケストラ部隊と共に放たれるその音のパワーに、誰もが圧倒されるに違いない。

なお、来春3月にはロンドンのウェンブリーアリーナでの公演も控えるなど、まだまだ続いていくYOSHIKIの挑戦。「子供の頃の夢が次々とかなってきている」と事あるごとに口にしているが、前人未踏の“2大殿堂”制覇へ、その一歩を踏み出した。