「12月6日少年団キャンプ場」を現地指導した金正恩氏(2016年12月7日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が、新たに改修された江原道(カンウォンド)の「12月6日少年団キャンプ場」を現地で指導した。朝鮮中央通信が7日、報じた。現地指導の日時は不明だが、キャンプ場の名称から12月6日に訪れたと思われる。

同通信によると、金正恩氏はキャンプ場の全景を眺めながら「江原の地にわが子どもたちのためのキャンプ拠点、愛のすみかがもう一つ生じた」とし、「江原道の人民が大した事をした」とたたえたという。

また、金正日総書記を描いた美術作品を見ながら「将軍さまは前線へ、子どもたちはキャンプ場へ、苦難の行軍、強行軍の時期に創作された歌謡の一節だね」と胸熱く述べたという。

さらに、「江原道の12月6日少年団キャンプ場が立派に改修されたのは江原道内の幹部と党員、人々の燃えるような心がもたらした誇らしい結実だ」と述べながら、彼らの偉勲を高く評価したという。

現地指導には、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、馬園春(マ・ウォンチュン)の各氏が同行した。