2017年はプジョー車のSUVイヤーになるそうで、来年春に日本導入予定の新型プジョー3008が公開されました(価格などの詳細はまだ未公表)。

308をベースとした初代3008は、ポップアップ式のヘッドアップディスプレイや荷室の高さを3段階に変更できるなど、先進的かつユニークな装備を用意していました。

1

2代目となる新型プジョー3008は、クロスオーバーテイストが濃かった初代よりもSUVらしいフォルムに進化。FFのみですが、進化した「アドバンスドグリップコントロール」の採用などもあって悪路走破性も高められています。

とはいえ、最近のSUVはシティユース中心の使い方をする人が多いはずで、新型3008はスタイリッシュなエクステリア、そして先進的なインテリア「i-Cockpit」がさらに進化。

この新型3008は、プジョーにとって「革命的モデル」と表現するほどの力の入れようで、分かりやすいカタチで具現化されているのがインパネになります。

上下のリムが水平にカットされた小径ステアリング、その上からのぞくメーターディスプレイは「ヘッドアップインストルメントパネル」と表現されています。さらに中央にタッチスクリーンを配置し、その下にタッチスクリーンと連動するトグルスイッチを用意。

エンジンは2.0Lのターボディーゼル、1.6Lのガソリンターボを設定し、ともに6ATと組み合わされます。

プジョーが先鞭を付けた広大なパノラミックガラスルーフは、前部のスライド開閉が可能で、車内に開放感と明るさをもたらします。なお、前後席ともに広さは十分に確保されていて、身長180cmの大人4人が座ってもかなりの余裕が残るはずです。

ボディカラーは「パール・ホワイト」、「アマゾナイト・グレー」、「ハリケーン・グレー」、「ペルラ・ネラ・ブラック」、「マグネティック・ブルー」、「メタリック・コッパー」、「アルティメット・レッド」を設定。

ライバルはこちらも間もなく新型にスイッチすると思われるフォルクスワーゲン・ティグアンなど、Cセグメント派生のSUVとしています。

(文/写真 塚田勝弘)

先進的なコクピットとスタイリッシュな外観が注目 ─ 新型プジョー3008画像ギャラリー(http://clicccar.com/2016/12/07/424139/)