マンションに帰宅する星野源

写真拡大 (全3枚)

 破局したと見られていた星野源(35才)と二階堂ふみ(22才)が、同じマンションに住んでいるとの最新情報をキャッチした。

 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で童貞会社員の平匡さんを好演している星野。私生活の方では、2011年にaiko(41才)との半同棲愛が報じられた。

「星野さんが出演したイベントをaikoさんが見に行って、楽屋で紹介されたことで意気投合したそうです。お互いのコンサートも行き来して。当時彼女は別の男性との噂もありましたが、星野さんの魅力にガッチリ心を掴まれ、彼女の方がゾッコンでした」(音楽関係者)

 順調な交際が続いていると思われたが、昨年10月には、若手実力派女優・二階堂ふみとの熱愛がスポーツ紙で報じられた。

「映画の共演がきっかけで、どちらの事務所も交際を否定しなかったので、乗り換え愛ともいわれました。ただ、それも今年に入って二階堂さんが他の男性とお泊まりが報じられたり、破局したと見られていました」(スポーツ紙記者)

 12月上旬の夜、星野が自宅に戻ったのは深夜1時をまわった頃だった。『逃げ恥』最終回に向けて横浜で深夜まで長時間の収録が続いていたためだ。星野が暮らすこのマンションに最近、二階堂の姿が頻繁に見られているという。

「星野さんはもうここで3年以上になると思いますが、二階堂さん、4〜5か月ほど前にこのマンションに引っ越してきたんです」(マンションの住人)

 同じマンションといっても、二階堂の部屋はフロアが違う別部屋。二階堂は星野が住んでいることを知っていたかどうかは定かではないが、ふたりの仲は気になるところだ。

「とはいえ、星野さんも二階堂さんも異性の友達が多い。実際の関係はわかりませんが、星野さん狙いの女性は多いと思いますよ」(前出・記者)

※女性セブン2016年12月22日号