ツイッターで振り返る2016年の音楽業界 韓流勢の躍進目立つ

写真拡大

12月6日、ツイッターは最もフォロワー数の多いミュージシャンのランキングを公開した。1位はケイティ・ペリーでフォロワー数は約9,450万人。ペリーのフォロワー数は今年7月に9,000万人を突破し、世界で最もフォロワーの多い人物として記録を更新していた。来年は1億人突破も十分射程範囲に入ったと言える。

2位以下にはジャスティン・ビーバー、テイラー・スウィフト、リアーナ、レディー・ガガらの名前が並んでいる。今年はヒラリー・クリントン候補を支持したケイティ・ペリーを筆頭に、ミュージシャンらの政治的ツイートが注目を集めたが、バラク・オバマ米国大統領のフォロワー数は8,010万人に達しており、これは3位のテイラー・スウィフト(約8,200万人)に匹敵する数字だ。

韓流アイドルExo、ジミンらが上位に

音楽関連のトレンドトピックでは1位にグラミー賞(#Grammys)、2位にMTVビデオミュージックアワード(#VMAs)が入っており、TV視聴率の減少が続く中でも音楽ファンは番組でオンエアされる受賞の模様に関心を持っていることが分かった。

また、トレンド5位には#FreeKeshaが入ったが、これは女性シンガーのケシャを支援する動きの現れ。ケシャは以前のプロデューサーから薬を盛られ、レイプされたとの訴えを起こし法廷闘争を繰り広げた。ファンたちは彼女を擁護するツイートを盛んに投稿した。

アーティスト名のトレンドワードでは今年は見慣れない名前が上位に並んだ。トップは韓国のアイドルバンドのExo。2位に同じく韓国の女性ラッパー、ジミン(Jimin)が続いた。3位のプリンス(4月没)、5位のデビッド・ボウイ(1月没)と偉大なミュージシャンの死を悼むツイートも盛んに投稿された。

また、SNSで大流行となったマネキンのように動かず、ストップモーション風の動画を投稿する「マネキンチャレンジ(#MannequinChallenge)」もトレンドトピックの3位に入っている。

下記にツイッターで最もフォロワー数の多い音楽関連のセレブリティ、上位10名の名前とフォロワー数を記載する。

1位 ケイティ・ペリー 約9,450万人
2位 ジャスティン・ビーバー 約9,017万人
3位 テイラー・スウィフト 約8,200万人
4位 リアーナ 約6,800万人
5位 レディー・ガガ 約6,460万人
6位 エレン・デジェネレス 約6,380万人
7位 ジャスティン・ティンバーレイク 約5,730万人
8位 キム・カーダシアン 約4,390万人
9位 ブリトニー・スピアーズ 約4,929万人
10位 セレーナ・ゴメス 約4,600万人

トレンドトピック・アーティストTOP10はこちら>>