「鬼」BTOB ソンジェ&キム・ゴウン、好奇心を刺激する初めての出会い…本屋で暖かい雰囲気を演出

写真拡大

女優キム・ゴウンとBTOBのソンジェが初めての出会いで、好奇心をくすぐる。

tvN10周年特別企画金土ドラマ「わびしく燦爛な神(しん)−鬼」(脚本:キム・ウンスク、演出:イ・ウンボク) でキム・ゴウンとソンジェはそれぞれ生まれながら普通ではなかったが、普通の19歳の高校3年生になりたい鬼の花嫁チ・ウンタク役と、金持ちの家庭で生まれたという言葉だけでは表現できない財閥3世であり、13代目に鬼を仕える家臣4代の一人息子ユ・ドクファ役を演じて変わった演技変身を披露している。

キム・ゴウンとソンジェは今月9日に放送される第3話で、本屋の床に座って話し合う姿を披露する。キム・ゴウンが好奇心溢れる顔でソンジェを凝視している中、ソンジェが手と足、体を使ったジェスチャーをし、話しかけるシーンだ。それぞれ鬼の花嫁と鬼の家臣である二人がどういう風に出会うことになったのか、初の出会いを通じてどんな話を交わしたのか好奇心を刺激している。

キム・ゴウンとソンジェの好奇心を刺激する出会いのシーンは、9月19日に京畿道(キョンギド) 富川(プチョン) にある本屋で撮影した。この日は撮影が始まり、二人が初めて呼吸を合わせるシーンだ。二人は明るい笑顔でスタッフたちに挨拶しながら現場に入った。

続いて二人はセリフを交わすなど、本番のようなリハーサルを行った。しかしリハーサル中、ソンジェが突然爆笑し、これを見ていたキム・ゴウンも一緒に笑ってしまい、現場の雰囲気を盛り上げた。

特にソンジェはジェスチャーが多いシーンのため多彩なアドリブを試み、スタッフたちを微笑ませた。ソンジェは自身が考えてきた色々なポーズを取り、可愛い表情をしたのだ。それだけではなくキム・ゴウンはソンジェの単独シーンの撮影時にも傍に座ってセリフを読んであげる姿で、暖かい雰囲気を演出した。

制作陣側は「『鬼』で鬼コン・ユと絡み合った鬼の花嫁キム・ゴウンと、鬼の家臣であるソンジェの出会いだけでも好奇心をくすぐり、没頭度を高めるだろう。二人の出会いがどんな意味を与えるのか期待してほしい」と伝えた。

「鬼」の第3話は韓国で9日の午後8時に放送される。