写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IIJグローバルソリューションズは、IoTシステムの構築に必要な技術をコンポーネント化し、特定業種の用途に応じたIoTソリューションとして提供する事業モデル「CaaS(Component as a Solution)」を開始した。

CaaSモデルは、IoTシステムの構築に必要な要素技術とITリソースをコンポーネント化し、各種業界向けソリューションとしてワンストップで提供するもの。

IoTは、幅広い領域への適用が期待されている反面、そのシステムの構築には様々な技術を実装する必要があり、端末やネットワーク、集積データの分析処理基盤など、必要となるITリソースも多岐に及ぶ。そのため対応する企業にとっては、各種ソフトウェア、ネットワーク、ゲートウェイ機器、クラウド環境などを個別に調達する必要があり、これがIoT活用の課題となっている。

そこで、同社の提供する「CaaS」を利用することで、産業分野や用途に応じて必要なコンポーネントを組み合わせ、低コストかつ迅速にIoT環境を構築することが可能となるということだ。

今回の提供開始に伴い、CaaSでは、主要なコンポーネントとしての第一弾として製造業向けプラットフォームを用意している。これは、各種センサー収集・蓄積・可視化システムとして、センサーデータを収集し、クラウド上で保管や表示を行ったり、マルチPLC管理システムとして、製造業の現場で制御装置として利用されている様々なPLC(Programmable Logic Controller)をクラウド上で共通デバイスとして一元管理し、機種に依存することなくデータにアクセスすることを可能にするという。

また、装置の稼働状況などのセンサーデータをクラウド上にアップロードするなど、各種インタフェースを提供し、様々な装置に対応。さらに、それらのゲートウェイ機器とクラウド間をIIJモバイルサービスと顧客専用のプライベートバックボーンサービスを活用した閉域網で接続することで、インターネットを経由しないセキュアなIoT向けワイヤレスプラットフォームが構築可能となる。

各コンポーネントは、IIJグローバルの拠点間ネットワーク構築・運用のノウハウに加え、IIJのネットワークサービスやIIJ IoTサービス、パートナー企業の製品・ソフトウェアを活用することにより、例えば、エレベーターやタクシー、監視カメラなど、それぞれの産業で利用される異なったプロトコルやインタフェースにも幅広く対応していくということだ。

今後のプラットフォーム提供予定としては、デジタルサイネージ用システム、IPカメラ監視システム、総合エネルギー・設備マネジメントシステムなどが予定されている。

(シマダマヨ)