tv_20161207125703.jpg

写真拡大

大富豪のジェームズ・パッカー氏と結婚間近とされながら、一方的に婚約を破棄されたというマライア・キャリー。しかし、そんな傷心の歌姫がハワイのビーチで、「イケメン」バックダンサーのブライアン・タナカといちゃつく姿や、アツアツのキス写真をパパラッチされた。

「わざとらしい」「当て付けか」ネットで批判相次ぐ

すると、ネット上で「気味が悪い。これは『やらせ』」「あまりにもわざとらしくて哀れだ。見ていて痛々しい」など批判が噴出したという。マライアがパッカー氏への当て付けで、わざと写真を撮らせたのではないかとの憶測まで出ている。

「この恋はホンモノ? それともパッカー氏への当て付けなのか」(番組ナレーション)

(番組コメンテーターのデーブ・スペクター)「ボク、ほんとに付き合ってると思います」「こっちのほうが(パッカー氏より?)合うんじゃないかと思います。なかなかの実力者ですし、評判もいいです」