ミュージカル「デスノート」今月19日ショーケース開催…壮大な音楽&最高の俳優に期待

写真拡大

開幕を控えたミュージカル「デスノート」(演出:栗山タミヤ) が、今月19日ソウル市蚕室(チャムシル) ロッテコンサートホールでショーケースを開催する。

今回のショーケースは、2017「デスノート」の本公演に先駆けて観客と初めて会う場で、ミュージカル「デスノート」の全体の雰囲気を感じることができるナンバーをライブで披露し、「デスノート」の本格的な始まりを知らせる。

完璧なキャスティングのラインナップで期待を集めている主演俳優ハン・ジサン、JYJのジュンス、パク・ヘナ、カン・ホンソク、Benをはじめソ・ヨンジュ、イ・スビンなどの助演、アンサンブルに至る全俳優が出演し、各俳優の代表ナンバーはもちろん最近ミュージックビデオ公開で話題になっている代表ナンバー「奴の心の奥へ」まで、「デスノート」の感覚的なナンバーをライブで最初に見ることができる。特に今回のショーケースは、アジアを代表する最高のクラシック専用公演会場「ロッテコンサートホール」で開催されるため期待をそそる。

ショーケースが開催される「ロッテコンサートホール」は、韓国で独自の水準の音響を楽しむことができる代表的なクラシック公演会場で、大規模のパイプオルガンやアコースティックサウンドとしても有名だ。また今回のショーケースは、ロッテコンサートホールで最初に試みるミュージカルショーケースで、最高の俳優と公演を共にする20人のオーケストラが作品の雄壮さを足し、二度とない特別な公演を予告した。

C-JeSカルチャーの関係者は「『デスノート』はナンバーだけでも、作品のメッセージや、その雰囲気全てを感じることができる作品だ。再演に先立ち、新キャストの共演はもちろん完璧なオーケストラとのハーモニーまで、非常に特別な舞台を披露したかった。最高の公演会場で幸せな時間を過ごしていただけるはず」と述べた。

ショーケースは、今月12日午後3時INTERPARKチケットで予約でき、ショーケースに参加できない観客はNAVER tvcastとNAVERのライブ映像配信アプリ「V」の生中継でも見ることができる。

ミュージカル系初のクラシック専用公演会場でのショーケースとして話題になっているミュージカル「デスノート」は、来年1月3日から26日までソウルの芸術の殿堂・オペラ劇場で公演する。