写真提供:マイナビニュース

写真拡大

埼玉県飯能市に誕生する北欧をテーマにした施設「メッツァ」の記者発表会が6日、都内で行われ、開業時期や施設のコンセプト、完成イメージなどが発表された。

フィンランド語で「森」を意味する「メッツァ」が目指すのは、北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、心の豊かさの本質に気付き、日常生活へと持ち帰れる場所。飯能市の宮沢湖を中心とした約25.7ヘクタール(内開発予定地15.8ヘクタール)の広大な土地に誕生する。総事業費は約150億円。入場者数は年間100万人を見込んでいる。

「メッツァ」は、2つのゾーンで構成。北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」は2018年秋、『ムーミン』の物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」は2019年春に開業する。当初は2017年を予定していたが、施設の開発およびインフラ整備により時間が必要との判断で延期となった。

「メッツァビレッジ」は入場無料で楽しめるゾーンで、公園としての機能を維持し、自然を身近に感じられる施設やアクティビティを展開。新鮮な地元野菜や工芸品などを購入できるマーケット、フィンランド発祥の文化の一つであるサウナを併設した宿泊施設、ジャムやジュース作りなどのワークショップ施設、キャンプが楽しめるグランピング施設などを計画している。

「ムーミンバレーパーク」は、ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、物語の中で登場する灯台や水浴び小屋、物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの思いを感じられる施設などを計画。さらに、オリジナル商品を販売するショップやレストランなども予定している。入場料は未定とのこと。

「メッツァ」「メッツァビレッジ」「ムーミンバレーパーク」の世界観をイメージした3つのロゴもお披露目された。「メッツァ」のロゴは宮沢湖周辺に広がる森、「メッツァビレッジ」のロゴは森の中に広がるマーケットなど、「ムーミンバレーパーク」のロゴはムーミン谷をそれぞれイメージしている。

会見では、投資会社フィンテックグローバルの玉井信光社長が「飯能市の皆さんと共に新たな地方創生のあり方を創造し、周辺地域へと広げていきたい」とあいさつ。飯能市の大久保勝市長は、同市に誕生する喜びを述べ、「飯能市は一丸となってメッツァのオープンに向けて心一つになっている」と力強く語った。

(C)Moomin CharactersTM