Formel 1 - MERCEDES AMG PETRONAS, Großer Preis von Abu Dhabi 2016. Nico Rosberg ;

Formula One - MERCEDES AMG PETRONAS, Abu Dhabi GP 2016. Nico Rosberg;

写真拡大 (全11枚)

ドイツ人のウェーレインと考えるのが順当

電撃引退から4日が経過した。ワールドチャンピオンが去ったメルセデスに誰が座るのか。これが次なる話題を呼んでいる。

突然の発表、それも、2016年の世界選手権のすべてのドライバーや関係者が表彰されるFIAの表彰式での公式会見で発表というなんとも周到な形だったのだが、驚きの次に話題となったのは、当然、「後釜は誰か」、ということだ。

ハミルトンは、「ロズベルグに代わる誰かは、そんじょそこらに転がっているタマじゃ勤まらない」というようなコメントをしている。この言葉を待つまでもなく、チームメイトの有資格者は、実績のない予備軍には勤まらない。

まず、メルセデスの育成ドライバーとしてマノーで“訓練期間”を過ごしたパスカル・ウェーレインが真っ先に挙げられる。可能性としては、最後まで一番濃いのがこのドイツ人だろう。

メルセデスにとって、ドイツ人というのも、彼の可能性を高く見せている。エスティバン・オコンもメルセデスの育成ドライバーだが、ウェーレインを飛び越えることはないだろう。

しかし、これでは話として当たり前すぎて面白くない。面白いのは、まず、フェルナンド・アロンソだ。面白さを象徴するように、フェイスブックで、メルセデスのトト・ウルフにアロンソが送ったとするメールの文面が掲載されたり、同じく、電話のやりとりが創作物とは思えない巧妙さでアップされた。

12月4日にツインリンクもてぎで行なわれたホンダのファン感謝デーに参加したフェルナンド・アロンソは、前日の金曜日夜に日本に届いたロズベルグの“引退事件”について一切コメントしなかったが、マクラーレン・ホンダが来年タイトル争いできそうもないことから、移籍に興味がないはずはない、というもっともらしい理由と共に広がった。

バトンの引退発表はメルセデスに乗ることが決まっていたため?

さらに、もっともらしいのは、ジェンソン・バトンの線。3人体制という不自然な2017契約の段階から、ロズベルグ引退は仕組まれていて、じつはジェンソン・バトンが後釜と決まっていた、というもの。

バトンは、すでにマクラーレンでハミルトンとコンビを組んで3年間過ごした“実績”もあり、ナンバー2というポジションを受け入れる度量の大きさも持っているからだ。

もてぎのファン感謝デーのエンディングのインタビューでバトンは来年のことを訊かれ、「いろいろ噂がでているけれど、みなさん、惑わされないように」とコメントしたが、惑わされないように、というのはどこを差しているのだろうか。

セバスチャン・ベッテルという線もある。ドイツのメルセデスがドイツ人がほしいだろう、というのがその理由。

フェラーリから引っこ抜くのは簡単ではないはずだが、メルセデスなら違約金がどんなに高額でもヘッチャラ、というこれまた尤もらしい理由付けもされているが、いや、フェラーリからなら、キミ・ライコネンじゃないのか、という声もある。

さらに、マックス・フェルスタッペンはどうよ、という意見もあるが、来年、大きく規則が変わる中で、レッドブルが大本命というのが専門筋の予測するところであり、むざむざと戦力ダウンが予測されるメルセデスに移籍する手はないと見ていいだろう。

ウイリアムズのバルテリ・ボッタスも候補のひとりだが、イメージ的にもうひとつ、メルセデスが魅力を感じるとは考えにくい。ハースをクビになったエスティバン・グティエレスも同じく。

今シーズン限りで引退したフィリッペ・マッサの線も浮かんだが、マッサ自身、F1を闘えるエネルギーがなくなったことを自覚しており、この可能性もないと言える。

こう考えると、ハミルトンの2017年のチームメイトは、やっぱりパスカル・ウェーレインに決まり、ということになりそうだが、ロズベルグ引退のニュースは、いくつか不思議というか不可解な符号があるのが気になる。

今シーズンは、ロズベルグだけでなく、フィリッペ・マッサとジェンソン・バトンが引退を表明した。ロズベルグは、“絶頂期に辞めた”という観方もあるが、逆に言えば、ハミルトンと闘う気力をなくしたと言い換えてもいい。

アロンソ、ベッテル、ライコネン辺りなら、ハミルトンとやり合う気力も力もあるはずだが、今年の状況を観る限り、最終戦のハミルトンのペースダウンに制裁も辞さない、と息巻いたメルセデスが、二人が過剰にバトルを繰り返す状況を許すとは思えない。

と考えると、やはりパスカル・ウェーレインということになるのだが、待てよ。ジェンソン・バトンなら、ナンバーツーを了承して、いい働きをしてくれるんじゃないの?

(文:山口正己)