夜でも「モーニング」。変則勤務の方にもオススメのファミレスサービス

写真拡大

 喫茶店文化のひとつとして語られる「モーニングサービス」ですが、今やあらゆる飲食業界に広まり、ファミリーレストランでも早くから「モーニングメニュー」と称して提供されています。

 モーニングサービスといえば、開店や朝6時ごろからお昼前の11時ごろまで割安な価格設定で提供される飲食メニューという解釈が一般的だと思いますが、なんと九州人の心のオアシス、ファミリーレストランチェーンの「ジョイフル」では営業時間内であればいつでもモーニングメニューが食べられるサービスが展開されています。ちなみに先週につづく(前回記事:『九州人の心のオアシス「ジョイフル」 期限切れ割引きチケット対応が話題』)ジョイフルネタですが、先に公開した記事の反響の中で「いつでもモーニングも良サービス!」みたいな突っ込みをジョイフルファンの皆様から多数いただいたので、今回新たに書き起こすことにしました。

【関連:九州人の心のオアシス「ジョイフル」 期限切れ割引きチケット対応が話題】

ジョイフルのメニュー表立て

 このモーニングメニューは、ジョイフルの「創立40周年ありがとう記念 いつでもおはようメニュー」として、鹿児島県・沖縄県を含む一部店舗を除いて展開されています。

 文字通り「来店された時間帯にかかわらず、どなたでもご注文いただけます。」とのこと。いずれのメニューもきちんとした朝食メニューであることはもちろん、税別で300円台から500円台とお手頃価格でありながら、すべてのメニューでドリンクバーサービス「ジョイカフェ」が付いているという徹底ぶり。もちろん先日記事で紹介した「ジョイカフェチケット」も会計時に渡されます。

メニュー表

 記事を書くにあたり折角なのでと夜中にジョイフルに赴き、オーソドックスな“モーニングメニュー”を注文して食べてみました。モーニングエッグプレート(パン付)と、豚汁朝食(ご飯・選べる小鉢・漬物付)です。極端にボリュームがあるというほどではないが、朝食メニューとしては申し分ないばかりか、ドリンクバーも付いていて390円(税別)から590円(税別)であることを考えると、コスパがすこぶる良いとしか言い様がありません。

 味も朝食にふさわしく濃すぎない味付けとなっていて、満足度の高いメニューでした。昼食や夕食にするには少し物足りなさを感じるかもしれませんが、他のメニューより少なめの量を望まれる方や、より割安にご飯を食べたい方にもオススメできそうです。また、いつでもモーニングメニューが食べられるということは、昼から勤務だったり、深夜から勤務だったりと、変則的な時間帯から勤務が始まる方にとっても、その日の1食目としてやさしいメニューが選べる画期的なサービス。お近くに店舗のある方は、その日の1食目として時間帯に関係なく一度口にされてはいかがでしょうか。

モーニングエッグプレート(パン付) 390円(税別)

モーニングエッグプレート(パン付) 390円(税別)


豚汁朝食(ご飯・選べる小鉢・漬物付) 390円(税別)

豚汁朝食(ご飯・選べる小鉢・漬物付) 390円(税別)

(文:ヤスベェ3世!)