「Wailua Wheat(ワイルア ウィート)」(税別430円)

写真拡大

冬でもビールでハワイの太陽を感じよう。

【写真を見る】2007年から2013年まで夏季限定販売されていたビールが復活

ハワイNO.1のクラフトビールメーカー「KONA BEER(コナビール)」から、「Wailua Wheat(ワイルア ウィート)」(税別430円)が復活。12月14日(水)から、国内通年販売がスタートする。

2007年から2013年まで夏季限定商品として国内販売されていた同ビール。復活を望む多くのリクエストに応え、今回は通年販売として再登場する。

「ワイルア ウィート」は、小麦を多くの割合で使用して醸造される「ホワイトビール」に、ハワイの代表的な果物のパッションフルーツを加えたフルーティなビール。冬でもハワイの太陽を感じられるような金色に輝く液体と、パッションフルーツ由来のシトラスのような香りが特徴となっている。

1994年から醸造開始され、高品質の原材料と非加熱処理、無濾過といった妥協なき製法で、販売開始9年間でハワイ全島でのシェアを不動のものとした。飲みやすく爽やかな味もさることながら、「ワイルアの滝」が描かれたかわいらしいラベルデザインもあり、アメリカのみならず、ハワイを訪れる日本人観光客などにも人気を博している。

寒さが増す日本でも「ワイルア ウィート」を飲めば、常夏の太陽を感じられるかも。【ウォーカープラス編集部/コタニ】