チョン・ウソン&チョ・インソン主演「ザ・キング」スチールカットを公開…“最強のビジュアル”

写真拡大 (全2枚)

映画「ザ・キング」(監督:ハン・ジェリム) がスチールカットを公開した。

「ザ・キング」は権力を握って格好よく生きていきたいと思うテス(チョ・インソン) が、韓国を牛耳る権力の設計者ハン・ガンシク(チョン・ウソン) に出会い、世界の王になるため奮闘する過程を描いた映画だ。

7日に公開された「ザ・キング」の主要人物のスチールカットには、各キャラクターを演じた俳優たちの圧倒的な雰囲気はもちろん、目が離せないカリスマ性と輝く熱演がそのまま盛り込まれており、視線を集中させる。特にこれまで見たことのない俳優たちの新しい姿と意外な魅力を確認でき、期待を高めている。

「ザ・キング」の主要人物のスチールカットには、韓国を設計して企画し、世の中の上に君臨する人物たちの姿が写っている。圧倒的な権力を手にしたがる主人公のパク・テス(チョ・インソン) が、韓国の権力構造を設計する主要人物で次世代検事長候補のハン・ガンシク(チョン・ウソン) と彼の右腕ヤン・ドンチョル(ペ・ソンウ) の助力を受け、どのように世の中の上に君臨するのか、関心が集まっている。

3人のキャラクターの周辺で権力維持に核心的な役割を果たす助力者まで、韓国を飲み込んだ王たちの実体が公開され、視線を集めた。

「ザ・キング」は韓国で来年1月に公開される。