「共助」ユ・ヘジン、ヒョンビンの演技を絶賛“誠実な俳優…眼差しが生きている”

写真拡大

俳優ユ・ヘジンが映画「共助」で息を合わせたヒョンビンを絶賛した。

「共助」はユ・ヘジンとヒョンビンの初共演ということで期待を高めている作品だ。それぞれ韓国の刑事カン・ジンテ、北朝鮮の刑事イム・チョリョン役を務め、息を合わせた。それぞれ違う目的をもつ2人が出会い、南北最初の非公式合同捜査を行い、予測不可能なチームプレイを展開する予定だ。

ユ・ヘジンはヒョンビンについて「誠実でしっかりした俳優だ。アクションをはじめ、一生懸命準備してきたので、現場ではいつも眼差しが生きていた」と絶賛した。

ヒョンビンも「ユ・ヘジン先輩のおかげで気楽で愉快な雰囲気の中で撮影できた。演じるとき、相手をリラックスさせるのはとても難しいことだが、毎度優しく親しく接してくださったおかげでより楽しく演じることができた。本当に感謝している」と伝えた。

ユ・ヘジンとビョンビンの共演作「共助」は来年1月に韓国で公開される。