放送終了「B.A.Pのある素敵な日」B.A.P、最後のミッションに大奮闘…罰ゲームを受けたのは?

写真拡大

B.A.Pの単独リアリティ番組「B.A.Pのある素敵な日」は、ファンが名残惜しむ中放送を終了した。

先日5日、韓国で放送された「B.A.Pのある素敵な日」では、B.A.Pメンバーがハワイで最後の王座ゲームで孤軍奮闘している様子が描かれた。

この日、放送でB.A.Pは「ワイキキを占めろ」という最終ミッションを受け、最後の勝利を得るため色んな方法を動員し、バラエティアイドルとして多様な魅力を放出した。特に負けず嫌いの大魔王同士がくっついたデヒョンとヨンジェチーム、ずる賢さで勝負するヒムチャンとジョンアプチームは、隠しきれないホダン(しっかりしているように見えてどこか抜けている人) 美を見せ、視聴者を楽しませた。

最終的にゲームで勝利したヒムチャンとジョンアプチームは、海上アクティビティの花シーウォーカーツアーを獲得して太平洋の海の中を歩く幻想的な体験をし、残りのメンバーは宿所を掃除する罰ゲームをした。

またハワイでの最後の夜を迎え、豪華な夕食を奢ってもらったB.A.Pは、それぞれ記憶に残る最高の瞬間とお互いに胸の内を正直に打ち明け、最後の放送を締めくくった。

このように「B.A.Pのある素敵な日」を通して、これまで秘めてきたバラエティ感を思う存分見せたB.A.Pは、先月7日2ndアルバム「NOIR」でカムバックし、新曲「SKYDIVE」の活動を締めくくり、日本で発売される6thシングル「FLY HIGH」のプロモーションに向け6日日本へと出国した。