画像はどん兵衛公式Twitter

写真拡大

日清食品は7日、「どん兵衛」と画家のクリスチャン・ラッセンとのコラボキャンペーンを開始。ラッセン描き下ろしの「どん兵衛」アートを特設サイトで公開した。


「どん兵衛」とラッセンは、互いにデビュー40周年を迎えることを記念してコラボ。ラッセンは、「どん兵衛」の鬼かき揚げを背景に、シャチが飛び跳ねている絵をコラボのために描きあげた。“かき揚げを描きあげる”というダジャレだが、そのクオリティは本物。シャチの躍動感とバックにそびえる鬼かき揚げが「静と動」のコントラストを生み出し、「どん兵衛」が浮かぶ海は逆さ富士のようにかき揚げが映り、どん兵衛のつゆのごとく透明感にあふれている。


ラッセンはこの作品に寄せて、「鬼かき揚げ。僕はそれを一目見たときから、描き揚げずにはいられなかったんだ。それにしても、慣れないものを描くのはムズカシイ。でも大事なのは、うまく描くより、うまそうに描くこと。アートって、そういうものさ。」とコメントしている。


また、コラボでは「どん兵衛」の鬼かき揚げを描いて「#鬼かき揚げ」でツイートすると、ラッセンが書道で「海豚」と書いた「ラッセン直筆のイルカ」が当たるキャンペーンも実施している。