『逃げるは恥だが役にたつ』 (C) TBS

写真拡大

前回放送では視聴率を16.1%まで上げてきた新垣結衣主演ドラマ『逃げるは恥だが役にたつ』。その第9話が昨晩(12月6日)放送され、平均視聴率が16.9%と、またまた大幅アップとなり、TBS火曜ドラマ枠の歴代最高視聴率をさらに更新したことがわかった。

ガッキー主演『逃げ恥』の視聴率が16.1%と大幅アップ!

初回から第9話までの同番組の視聴率は、10.2%、12.1%、12.5%、13.0%、13.3%、13.6%、13.6%、16.1%、16.9%と、横並びはあったものの、1度も落ちることなく推移。残り2話を残し、今後どこまで視聴率を更新するかに注目が集まっている。

また、地方局での視聴率も絶好調で、第9話では、中国放送(広島地区)で23.5%、北海道放送(北海道地区)で22.8%、静岡放送(静岡地区)で22.6%、CBCテレビ(名古屋地区)で22.5%と、過去最多の4つの局で20%の大台を超える結果となった。

昨晩放送の第9話は、森山みくり(新垣結衣)と津崎平匡(星野源)が「離婚の危機」から脱し、みくりは2人で過ごす日々の幸せをかみ締めていた。そうした中、ある日みくりが、津崎と超ポジティブな取引先の女性・五十嵐杏奈(内田理央)が2人で歩いているところを目撃。これをきっかけにお互いの気持ちを再確認し…、といった展開だった。

来週12月13日放送の第10話では、ようやくお互いへの本当の気持ちをぶつけ合うことができたみくりと津崎が、恋人同士として甘い生活をはじめ、初デートの模様などが描かれる。さらに、みくりの叔母・百合(石田ゆり子)と、津崎の同僚・風見(大谷亮平)の関係にも急展開が。次回予告を見た視聴者からは早くも10話の放送を待ちわびる声が続出している。