2017年1月にアメリカ大統領に就任する予定のドナルド・トランプ氏は2016年12月6日、老朽化が進んでいるアメリカ大統領専用機「エアフォースワン」の次世代型機の製造費用が高すぎるとして「注文をキャンセルする!」という怒りのツイートを行いました。4500億円にもなるその金額は確かに非常に高いものですが、そこにはやはりアメリカ大統領とそのスタッフ、そしてマスコミなどの同行者をいかなる状況でも安全に輸送するための装備や機材が用いられています。

Trump’s Boeing beef ignores the high costs of building a plane that can withstand a nuclear blast - The Verge

http://www.theverge.com/2016/12/6/13857444/trump-tweet-air-force-one-boeing-nuclear-blast

Donald Trump: Here's Why Air Force One Should Cost $4 Billion | WIRED

https://www.wired.com/2016/12/mr-trump-heres-really-want-spend-4-billion-air-force-one/

2016年時点で使用されているアメリカ大統領専用機「VC-25」は、ボーイング製のジャンボ機「747-200B」をもとに改良が加えられた機体で、1990年に就役して以来26年以上にわたって使用されてきました。設計上の耐用年数は30年といわれており、2020年には寿命を迎える計算です。



By Kentaro IEMOTO

ちなみに、「エアフォースワン」は大統領が搭乗しているときにのみ使われるコールサインで、必ずしも「VC-25=エアフォースワン」というわけではありません。そのため、大統領が乗っていればどんな航空機でも「エアフォースワン」と呼ばれることになります。

VC-25を管理・運航しているアメリカ空軍ではVC-25に替わる次期大統領専用機の計画を進めており、同じくボーイング製の最新型ジャンボ機「747-8」をベースに新型機を建造する計画が立てられています。そして、この計画に待ったをかけたのがトランプ氏というわけです。2016年12月5日のツイートでトランプ氏は「ボーイングは新しい747エアフォースワンを次期大統領のために建造する予定だが、その費用が制御不能になっており、40億ドル(約4500億円)にもなっている。注文をキャンセルする!」と計画をちゃぶ台返しするツイートを行っています。





ツイートの真意を記者に問われたトランプ氏はさらに「あの飛行機は完全に制御を失っている。エアフォースワン計画の予算は40億ドルを超えようとしている。そして私はそれがおかしいと考えている。ボーイングは数字の操作をしているんじゃないのかとも思う。ボーイングには大きな売上を手にしてほしいと思っているが、この金額ほどではない」と語っています。

確かに、ボーイング747-8型機のカタログ価格は1機あたり3億5700万ドル(約400億円)と言われていることから、「たった2機」の大統領専用機のために4500億円もの費用が発生するというのは「論外」と捉えられるのも当然のことと理解することはできます。しかし、当然ながら大統領専用機には通常の民間機とは比べものにならないぐらいの装備が加えられているのも事実です。

まず挙げられるのが、核攻撃の際にも被害を最小限に食い止めるための防御装備。核爆弾が爆発した際に生じる放射線や強い電磁波を遮るための防護壁を追加し、乗員の安全や電子機器類の信頼性を高めるための措置が講じられています。また、実際に「911同時多発テロ」の際にも行われたように、有事の際に大統領がエアフォースワンから指令を行う「指揮発令所」としての役割を持たせるために、通常の民間機では考えられないほどの通信設備や装備品が搭載されています。必要な電気系統は複数のバックアップが搭載され、軍レベルのGPSシステムが搭載されています。



By iflyfsx

また、あらゆる環境においても高い信頼度を発揮するために、エアフォースワンでは多岐にわたる「冗長性」が備えられています。通常の民間機であれば、飛行中にトラブルがあってもまずは目的地に到着し、例えそれが外国であっても現地で部品を調達して部品を交換する措置が取られます。しかしエアフォースワンではあらゆる事態においても他者に依存することなく対応するために、一定の交換部品が機体に搭載されているとのこと。また、機体には常に6本の交換用タイヤが搭載されています。

場合によっては到着先の空港で登降機用のタラップが準備できなかったり、どういうわけかタラップが用意されないこともあります。そんな場合でも空港のインフラに頼ることなく乗り降りできるように、エアフォースワンの機体には通常は存在しない格納式の階段が機体ドアの内側に取り付けられています。



By J

さらに、エアフォースワンの機体には燃料の空中給油を受けるための装置が装備されています。これにより、例えば核攻撃などで国内の空港に安全に着陸できない場合でも、一週間以上にわたって飛び続けることが可能。仮にホワイトハウスが破壊されてしまっても、アメリカ大統領は「空飛ぶ執務室」とも呼ばれる大統領専用機の中で必要な指示を命令することができるようになっているとのこと。

そして忘れがちなのが、大統領専用機は同じ機体が2機用意されており、常にバックアップとして大統領機に随行している点。バックアップ機には副大統領が搭乗し、大統領機に機体にトラブルが発生した場合でもすぐに対処できる体制が構築されています。

今回のトランプ氏の発言で注目が集まった多額の予算について、アメリカ戦略国際問題研究所のMark Cancian上級顧問は、大統領が執務する環境を整えるという意味において「この予算額は妥当なものといえます」と述べています。確かに軍にまつわる数字についてなじみがない人物にとっては「バカ高い費用」と受け止められるのも無理はないとした上で、トランプ氏の言う「制御不能な状態」ではないと語っています。確かにトランプ氏の所有するプライベートジェットのような金ピカな内装はなさそうですが、大統領専用機にはアメリカ大統領の仕事を滞りなく執行することを可能にするだけの装備が搭載されているようです。