7日、韓国メディアによると、韓国慶尚南道・南海で暮らしていた元慰安婦のパク・スギさんが6日午後8時30分ごろ、南海邑の病院で死去した。93歳だった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はパク・スギさん。

写真拡大

2016年12月7日、韓国・SBSなどによると、韓国慶尚南道・南海で暮らしていた元慰安婦のパク・スギさんが6日午後8時30分ごろ、南海邑の病院で死去した。93歳だった。

パクさんは1923年に南海郡古県面で生まれた。16歳の時に旧日本軍に連行され、中国満州で7年間の慰安婦生活を強要されたという。

入院中も元慰安婦の名誉を回復するための活動を続けてきたパクさんは、「南海のスギ公園にある慰安婦像の下に埋めてほしい」との遺言を残した。

パクさんの死去により、韓国政府の認定を受けた慰安婦被害者(238人)のうち、生存者は39人となった。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「1日も早く慰安婦問題を解決してほしい」
「慰安婦被害者らにお金を渡して合意するなんて、韓国は狂った国だ。被害者らはお金なんて必要としていない。慰安婦合意を推進した人たちは必ず天罰を受けるだろう」

「パクさんにとっての最後の大統領が、よりによって朴大統領…。悔しい思いのまま亡くなったのだろう」
「本当に申し訳ない。必ず日本から謝罪を引き出してみせる」

「慰安婦合意をした朴大統領を支持した国連の潘事務総長は、被害者らの前でひざまずいて謝罪するべき」
「人生を奪われるとは一体どんな気分だろう?来世は幸せな人生を送ってほしい」

「戦争で犠牲になった人は日本にもいる。もう終わりにしてもいいのでは?」
「日本は全て補償した。そして韓国政府もそれを認めた。慰安婦問題はもう終わった問題」
「日韓協定で全て解決したはずでは?一度、日本政府の立場に立って考えてみろ。韓国がどれだけうそつきで信用できない国か…」(翻訳・編集/堂本)