ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

写真拡大

『スター・ウォーズ』シリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がいよいよ12月16日(金)より公開となるが、この度ワールドプレミアに先駆けローグの日こと12月6日(火)にメンバーが来日した。

成田空港を埋め尽くさんばかりのファンたちから熱烈な歓迎を受けたのは、ジン役フェリシティ・ジョーンズ、情報将校のキャシアン役ディエゴ・ルナ、そして監督のギャレス・エドワーズ。到着出口にはシリーズに登場したキャラクター姿の人々が詰めかけ、中にはストームトルーパーのマスクをした人や、反乱軍のヘルメットをかぶった熱心なファンもおり、朝から9時間以上到着を待ち望んでいたファンも併せて、その数は約300人! 

主役のジン・アーソを演じたフェリシティはプロモーションでは初来日。手を振りながら現れると、会場からは大きな歓声があがった。エドワーズ監督に本作を引っ提げて来日した気持ちを尋ねると、「とても光栄なことだと思っているよ。日本の映画、特に黒澤明の『隠し砦の三悪人』は、ジョージ・ルーカスも影響を受けたスター・ウォーズの原点のようなものだからね。シリーズの故郷ともいえる日本に本作を持って来られて、とても嬉しいよ」と、喜びを語った。続けて、「ぜひ映画を観に行ってください! もし、見てくれなかったら帝国軍がデス・スターで破壊しにきますよ!」と茶目っ気たっぷりなコメントを残した。そして、9年ぶりに来日を果たしたディエゴは長時間のフライトの疲れを感じさせず、駆け付けたファンのために、熱心にファンサービスを行っていた。「ありがとう! 日本に来られてすごく嬉しいよ。ファンの皆さんに会えたことも最高だ。この3日間がすごく楽しみだよ!」と、来日の喜びを語った。3人は来日中、記者会見、レッドカーペットイベント、特別映像上映会などに参加する予定となっている。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)