写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●レーザーやコーティング剤と多様な治療方法
食事や歯磨き時など、一日に頻繁に一過性の痛みが襲ってくる知覚過敏。その原因は虫歯や食習慣、加齢、誤った歯磨き、歯周病など多様であるだけに、多くの人が生涯で一度は経験する疾患かもしれない。

それでは、実際に罹患(りかん)してしまった場合はどのように治療をすればよいのか。また、再発防止のためには何をすればよいのだろうか。M.I.H.O.矯正歯科クリニックの今村美穂医師に伺った。

○まずは原因の究明から

まずは医療機関で実施する治療方法について紹介する。原因が多岐にわたるだけに、治療法もさまざま。特定の原因のみに用いられる治療法もあるため、治療に際しては当事者の知覚過敏の原因究明から始めることになる。

■知覚過敏用の薬を塗布……歯の神経(歯髄神経)を保護しており、痛みを感じる部分・象牙質が露出すると痛みを感じる。そのため、露出した象牙質の表面に薬を塗布する手法。歯と似た成分の薬を塗ると、痛みを感じる歯髄神経への刺激を遮断してくれるため、痛みが止まる。

■コーティング剤で保護……象牙質の表面に樹脂をコーティングして神経への刺激を遮断する。ただ、毎日の歯磨きなどでコーティング部分がはがれ落ちることも。「恒久的に保護するものではないので、定期的にコーティングし直し、徐々にその間隔を延ばしていくことが目的となります」と今村医師は話す。

■患部へのレーザー照射……象牙質内の象牙細管と呼ばれる、歯髄神経につながる管に開いている穴の部分にレーザーを照射し、その穴をふさぐ治療法。これで患部を保護して、その後にコーティング剤を使用する治療法がよく用いられるという。

■マウスピースを装用する……主に歯ぎしりや食いしばりが原因の知覚過敏患者に用いる。これらの歯同士に圧力がかかるクセは象牙質を保護するエナメル質をけずってしまうため、その保護のために予防的にマウスピースを装用する。

■歯周病治療をする……主に歯周病が原因の知覚過敏患者に用いる。歯周病が進行して歯茎が後退すると、象牙質が露出してしまって知覚過敏が起きやすくなるため、その悪化を防ぐための治療を施す。

■歯の神経を抜く……知覚過敏の症状が強すぎる場合、神経ごと取り除く方法もある。「歯の神経が無くなっても、歯の組織は残ります。ただ、歯の中にある血管神経を取ってしまうため、歯に栄養分が行き届かなくなり、結果として歯が弱く、もろくなってしまいます」。

○神経を抜いて損をするのは患者自身

痛みは続くものの、「すぐに痛みが引くし、我慢できないほどではない」と知覚過敏を放置してしまう人もいるかもしれない。ただ、放置期間が長引くほど、「神経を抜く」しか選択肢がなくなると今村医師は指摘する。

「さまざまな治療を段階的に踏んでいけるチャンスがあるのに、それらの治療工程を一足飛びしてたどり着く最終手段が『神経を抜く』です。『歯磨き方法を変える』『食生活を改める』など、ご自身の行動を何も変容されない方ですと最終的に神経切除しか選択肢が無くなってしまうのですが、それで最も損をされるのは患者さん自身なんですね」。

神経を取った歯はもろくなるほか、変色したり、神経を取り除いた空間で感染が起き、痛みや腫れが出たりするリスクも発生する。痛みが確実に取れる反面、相応のデメリットを招く可能性もあることを覚えておこう。

●歯磨きを甘く考えてはいけない
続いて「治療」とまではいかなくても、自宅でも簡単にできる対策を紹介する。

■歯磨きの方法を改善する……毛先の硬い歯ブラシで力強く歯を磨くと、歯の表面を保護しているエナメル層を傷つけ、その内部にある象牙質を露出させてしまいかねない。毛先のやわらかいブラシを使用し、「鉛筆と同じ握り方でブラッシングをする」「歯に軽く圧力をかけるように押し当て、左右に1〜2mm細かく振動させる」などの「歯に優しい方法」で歯を磨く。

■歯磨き粉を工夫する……知覚過敏対策としてお勧めの歯磨き粉は、硝酸カリウム(カリウムイオン)やフッ素を配合している製品。「カリウムイオンは薬効成分として、開いた穴をふさいでくれます。痛みが本格化する前だったら、予防効果も期待できます。フッ素は歯の表面のミネラルと結びつき、歯を強固にしてくれます。これらの歯磨き粉を用いた歯磨きを習慣的にしてもらえるといいかと思います」。

■ガムをかむ……象牙細管に穴が開き歯がしみている場合、唾液の分泌量を増やして「再石灰化」のサイクルを促せば、痛みをやわらげられる。再石灰化は、虫歯などの影響で開いた歯の穴をリンやカルシウムの結晶で塞ぐこと。これらのリンやカルシウムは唾液によって作られるため、ガムをかんだりよく食べ物を咀嚼(そしゃく)したりすることで唾液を促すとよい。

○個々の生活習慣や口腔内に適したケアを

家庭での簡単な対策方法がわかったからといって、「もう安心」と思うのは早計だ。例えば、「歯磨き時の圧力が適切かどうか」は普通の人では判断できない。性格が神経質な人は、無意識のうちに「磨き残しがないようにしっかりやらないと」などと圧力が強くなってしまうかもしれない。また、セルフ判断によるそもそもの原因の見立てが違っていたら、いくら歯磨き方法や歯磨き粉を工夫したところで意味はない。

原因が多岐にわたる知覚過敏だけに、個々の患者の性格やライフスタイルにふさわしいテーラーメイドケアをする必要性があると今村医師は話す。

「よく『先生や歯科衛生士さんがそうやれといったからそうしていました〜』などと話されている患者さんがいらっしゃいますが、ご自身の歯の知覚などはご本人しかわかりません。医師や衛生士は、患者さんと一緒にその患者さんに合った適切なセルフケアを提案し、患者さんに実行していただき、その結果を出すことが重要だと考えます。ご自分の歯ですから、ぜひ医師や衛生士さんにまかせっきりにせず、あくまで『アドバイザー』ととらえ、ご自身で実行してその結果を出していくことを第一に考えていただきたいと思います。決して、医師や衛生士の言うことを聞くことを目的としないでください」。

仮に知覚過敏に「適切な歯磨き」で対応するとなったら、定期的に歯科医院に通い、歯と歯ブラシを医師に診てもらうことで適切かどうかを判断してもらうしかない。生活習慣や口腔(こうくう)内環境は一人ひとり異なるため、おのおので日ごろからきちんと歯を管理するための意識を持つことが肝要と言えるだろう。

※写真と本文は関係ありません

○記事監修: 今村美穂(いまむら みほ)

M.I.H.O.矯正歯科クリニック院長、MIHO歯科予防研究所 代表。表参道デンタルオフィス 矯正歯科。日本歯科大学卒業、日本大学矯正科研修、DMACC大学(米アイオワ州)にて予防歯科プログラム作成のため渡米、研究を行う。1996年にDMACC大学卒業。日本矯正歯科学会認定医、日本成人矯正歯科学会認定医・専門医。研究内容は歯科予防・口腔機能と形態及び顎関節を含む口腔顔面の機能障害。MOSセミナー(歯科矯正セミナー、MFT口腔筋機能療法セミナー)主宰。

(栗田智久)