BIGBANG、ダブルタイトル曲は「LAST DANCE」…スローテンポのR&Bで出撃

写真拡大 (全2枚)

12月12日0時に公開されるBIGBANGの3rdフルアルバムのダブルタイトル曲のタイトルが公開された。

6日公開された「FXXK IT」に続き、「LAST DANCE」というタイトルが7日公開された。

ダブルタイトル曲「FXXK IT」はタイトルのように愉快な歌詞のグルーブ感たっぷりのミディアムテンポのヒップホップジャンルであり、「LAST DANCE」はBIGBANGの代表的なスローテンポの曲になるぐらい印象的なR&Bジャンルの曲だ。

今回のBIGBANGの「MADE」アルバムには昨年発売された8曲、そしてダブルタイトル曲「FXXK IT」と「LAST DANCE」のほかにも、新曲が収録される予定だ。

YGの関係者は「来年2月T.O.Pが軍入隊を控えており、当分はBIGBANGの完全体での活動を見られなくなるファンの残念な気持ちは言い表せないほどだと思うが、完成度の高いBIGBANGの今回の新曲が慰めになればと思う」と伝えた。

最近BIGBANGは毎週日本ドームツアーを行っているが、12月12日の音源発売から約4週間は、来年1月7日と8日ソウル高尺(コチョク) スカイドームで開催されるBIGABANG公演の練習と共に韓国国内での活動に注力する予定だ。

BIGBANGのメンバーたちも当分はBIGBANGの完全体が見られないファンの残念な気持ちをよく知っているため、今回の活動は音楽放送だけではなく、代表的なバラエティ番組のMBC「無限に挑戦」とMBC「ラジオスター」への出演を決定した。

また、YGの関係者は「BIGBANGの新曲公開の時間を12月12日0時にした理由は、9日〜11日の3日間はBIGBANGの福岡ドーム公演があり、12日午後帰国する予定だ。8年ぶりに発売されるBIGBANGのフルアルバム発売であるだけに、その瞬間をファンと共にするため12日の夜、NAVERのライブ映像配信アプリ『V』の生放送を予定している」と伝えた。

今回の「MADE FULL ALBUM」は6つのバージョンで制作され、BIGBANGのカムバックを待ってきたファンに特別な意味を与えるものと期待を高めている。特に、今回のアルバムはこれまで発売されたアルバムとは違う仕様で、すべてが手作業で制作される予定だ。12月9日から予約販売が始まり、詳細は今後公開される予定だ。