おいしく食べたいけど、太りたくないし…

写真拡大

【その原因、Xにあり!】(フジテレビ系)2016年12月2日放送
「誰でも簡単!太らない鍋 裏ワザ」

いよいよ冬本番、夕食のレパートリーに鍋が加わったという家庭は少なくないだろう。しかし肉も野菜もたっぷり入れ、シメの雑炊まで平らげて、気付いたら食べすぎてしまった...という後悔もありがちだ。

鍋を食べて太ってしまう原因は、「ある食材」が不足しているからだ。それさえ加えれば、肉もシメも我慢しなくても太りにくくなる。

雑炊にはネギ科の野菜をトッピング

神戸薬科大学・難波宏彰名誉教授が勧めるのは「まいたけ」。「MXフラクション」という、まいたけにしか含まれない成分がカギだ。

MXフラクションには3つの効果がある。

(1) 肝臓で作られすぎた余分なコレステロールを体外に排出する。
(2) 肝臓でコレステロールを作る酵素の働きを抑える。
(3) 腸の働きを活発にし、余分な栄養の吸収を抑える。

摂取量の目安は、1人につき1度に50グラムだ。市販のまいたけは1パックに約100グラム入っていることが多いので、半パック食べるのを心がけよう。

MXフラクションは水溶性なので、鍋のつゆも一緒に摂(と)るのが重要になる。つゆとご飯を煮込む、シメの雑炊まで食べた方がいいというわけだ。

雑炊を食べる際は、ネギ、ニラ、ニンニクなど、ネギ科の野菜も一緒だとさらにまいたけのパワーを引き出す。

ネギ科の野菜に含まれる「アリシン」は、まいたけに含まれるビタミンB1と結び付くと、糖をエネルギーに変えるビタミンB1の消化・吸収を促進する、「アリチアミン」という成分に変化する。

ネギを入れる際のポイントは2つ。

(1) 細胞が壊れ、多くのアリシンが出るよう、できるだけ細かく切る。小口切りにする人は多いだろうが、みじん切りだとより効果的だ。
(2) 食べる直前に加える。アリシンは熱に弱く、加熱すると消えてしまう。雑炊を器によそい、みじん切りにしたネギをふりかけて食べるのがオススメだ。