7日、中国吉林省敦化市で男女の集団が四つん這いになり行進する動画が話題になっている。

写真拡大

2016年12月7日、中国吉林省敦化市で男女の集団が四つん這いになり行進する動画が話題になっている。

中国メディアによると、行進があったのは2日で、参加した人はみなケーキの販売店関係者だという。販売目標を達成できなかったため、店長が自らを罰する意味で数百メートル離れた別支店まで四つん這いで行進したという。店長の姿を見ていたたまれなくなった数人の従業員が一緒に行進したと参加した従業員が語っている。従業員は店長に強要されていないと語っているが、騒動を受け警察が出動し、行進を止めて厳しく注意した。

同省では今年4月にも同様の動画が話題になっている。当時は同省白山市で、自動車ローン関連の業務で目標を達成できなかった現地企業の責任者と従業員が四つん這いで200メートルにわたって行進した。こうしたこともあり、ネットでは今回の行進は「悪質な宣伝」と否定する声が圧倒的に多い。(翻訳・編集/内山)