ベッカ・トビン

写真拡大

大ヒット青春ミュージカル『Glee/グリー』でチアリーダーのキティ役を演じたベッカ・トビンが、起業家の恋人と結婚したことが明らかとなった。米E!Onlineなどが報じている。

今年5月にベッカは、起業家のザック・マーティンさんにプロポーズされ婚約し、先月は、ベッカの親友で『Glee』の元共演者リー・ミシェルが、二人のために婚約パーティーを開催。2014年7月、ベッカの元恋人マット・ベンディクさんが、遺体で発見されるという悲劇に見舞われただけに、ベッカにとって新しい門出となったようだ。

今月4日(日)、米ワイオミング州ジャクソンホールの高級ホテルで、彼女はザックさんとロマンチックな式を挙げたという。結婚式にはリーのほか、元共演者のジェナ・アシュコウィッツとケヴィン・マクヘイルも参列。また、シリーズの脚本家マイケル・ヒッチコックや俳優ジェシー・メトカーフ(『デスパレートな妻たち』)らも出席し、『Glee』でスー先生を演じたジェーン・リンチが司祭を務め、元共演者やスタッフに囲まれて特別なセレモニーになった様子。

そしてベッカは、"式前に花婿と花嫁が顔を合わすことは縁起が悪い"とのしきたりに従ったのだとか。「だから、ヴァージンロードを歩いてお互いを目にした瞬間が、とても素敵だった。信じられないぐらいワクワクして、とてもロマンチックだったの。伝統に従って良かったと思うわ」と語っている。

披露宴では『Glee』のキャストや出席者がドーナツに目がないこともあり、ウェディングケーキではなくドーナツで祝ったのだそうだ。

ベッカとザックさん、本当に結婚おめでとう!(海外ドラマNAVI)