心理分析で「不倫願望の真実」が見えてくる

写真拡大

主婦の友社は、気鋭の心理学者である杉山崇氏による「ウルトラ不倫学」を2016年12月9日に発売する。ベッキーの「ゲス不倫」からはじまり、ファンキー加藤、乙武洋匡、中村橋之助、石井竜也、三遊亭円楽など、著名人の不倫騒動が続々と報道された16年。不倫について専門家が議論をはじめた「不倫学元年」だという。

杉山崇著「ウルトラ不倫学」

これら、相次いで明らかになった「不倫」はそれぞれどういうタイプだったのか、など、心理学的見地から「不倫とはなんぞや?」「人はどうして不倫に陥るのか」という永遠のテーマに迫る一冊。

著者の杉山氏は科学的心理学研究者で、心理療法家としてもとして高い評価を得ている臨床心理士。学習院大学大学院人文科学研究科で心理学を専攻。在学中から、障害児教育や犯罪者矯正、職場のメンタルヘルス、子育て支援など、さまざまな心理系の職域を経験し、あらゆる年代のあらゆる心の問題に立ち会ってきている。神奈川大学人間科学部・大学院人間科学研究科教授。

最新刊「ウルトラ不倫学」では「著名人の不倫タイプ別分析」や「不倫をめぐる男女の違い」や、「生殖戦略」が、女性は「短期」で男性は「長期」ことと不倫の関係性をめぐる「不倫と男女の生殖戦略」などをテーマに論じている。

価格は1200円(税抜)。