写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「パリに行ったらカフェで朝のひと時を過ごしてみたい! 」「台湾では屋台めぐりをしなきゃ! 」など、海外へ旅をする時、どんな飲食店に立ち寄るかは楽しみのひとつだろう。その国の人にとっては日常の一場面であっても、外国人にしてみると憧れの異空間である場合も多い。それでは、日本にやってきた外国人が「母国にあったらいいのに」と思う日本の飲食店はどんなものだろうか。日本在住の外国人20人に聞いてみた。

○ファミレス

・「ファミレスや居酒屋があればいいと思います。仕事仲間や友達と気軽に訪れることができますし、場所によっては健康的でおいしい料理もあります。イタリアでは似たようなところがあるとすればバーとファストフードだけですし、両方とも長期的な滞在に向いてないですし、料理も高いレベルではないです。気軽に集まって話をしながら食事やお茶するところがあればいいと思います」(イタリア/30代前半/男性)

・「ガストみたいな庶民的なファミレス(分煙区を設けてほしい)。中国は子連れ家族向けのレストランはまだ少ないようです。子どもも安心で楽しいレストランがたくさんほしいです」(中国/30代中半/男性)

・「現在、スペインに住んでいませんので特に何もないですが、もしまた母国に住むことになったらドリンクバーがあるお店ができてほしいです。母国の飲食店にはドリンクバーがありませんから」(スペイン/30代前半/女性)

○居酒屋

・「もちろん飲み放題です。鳥貴族のような居酒屋も安いので、いいなと思いました」(タイ/30代前半/男性)

・「焼き鳥屋。仕事後に、気軽にひとりでも友達とも立ち寄れるから」(ロシア/20代半ば/女性)

・「居酒屋、松屋、牛丼屋」(ベトナム/20代後半/男性)

○和食チェーン

・「夢庵みたいな和食レストランがあればいいと思います。お手頃な価格でいろいろな日本食が食べられるといいです」(ルーマニア/30代前半/女性)

・「松屋があったらいいと思う。台湾でも吉野家はあるけど、松屋の方がメニューが豊富であり、おいしい。あとはロッテリアも来てほしい」(台湾/20代後半/女性)

・「一風堂、すき家、サイゼリヤ」(パラグアイ/30代前半/女性)

○鉄板系

・「鉄板焼き。目で前でパフォーマンスみたいな作り方が見られるからです。そして味もフランス人の口に合うと思います」(フランス/30代前半/男性)

・「ホルモン焼きがあればいいと思っています。普通のアメリカ人はあまりホルモンを食べませんが、最近は内臓の方に栄養が多いので健康を気にしている人も増えているし、"Nose to Tail"(鼻から尻尾まで)という、動物をもったいないことにしないように全部使う料理もはやっているし。あと若い者はいろんな国の料理を受け入れやすくなっているので、大きい街だったらはやると思います」(アメリカ/30代前半/女性)

・「香港にももんじゃ焼きのお店を出してほしいです。もんじゃ焼きは安くて、家族やお友だちが集まってワイワイ作れる楽しいメニューです。それに家に鉄板はなく、煙で家が臭くなるので、お店があったらいいです」(香港/20代後半/女性)

・「おいしいたこ焼き屋さんです。今、インドネシアにもたこ焼き屋がだんだん増えてきていますが、味はいまいちです」(インドネシア/40代前半/女性)

○その他、和食系

・「間違いなく回転寿司。すき家をはじめ、最近いくつかの日本の飲食店がブラジルでオープンしていますが、ブラジル人はお寿司が大好きなのに回転寿司は1店舗もありません。今まで行ってきたレストランと全然違う、とっても楽しい体験です」(ブラジル/20代後半/男性)

・「うどんの店だと思います。インドにはベジタリアンが多いので、肉が入っていないものがいいと思います」(インド/40代前半/男性)

・「天丼屋さんはあったらいいな。フィリピンで天ぷらは人気があり、きっと天丼は売れると思います」(フィリピン/40代前半/女性)

○喫茶系

・「ウクライナにお寿司屋さんやラーメン屋さんはすでにありますが、日本の喫茶店も進出すればいいなと思います」(ウクライナ/30代前半/男性)

・「抹茶関係のもの。抹茶がとても好きですが、ハンガリーで売っているgreen tea関係のものは味が薄くて、なんだか安っぽくて違うね」(ハンガリー/30代前半/女性)

○そのほかの回答

・「特にありません」(韓国/20代前半/男性)

・「残念ながら僕の国にマクドナルドが今までなかったので、もしマクドナルドがモンゴルへ進出すれば間違いなく大ヒットになると思います。値段的に安いしサービスも早いし、特に若者に人気が出ると思います」(モンゴル/30代前半/男性)

○総評

今回のアンケートで多かったのは居酒屋やファミレス、和食チェーンだった。その理由には、「お手頃価格でいろいろな和食を食べられる」「楽しい」というものが複数あった。海外での和食というと高級感があるが、実際に日本に住んでみたら庶民的な価格でおいしいレストランが意外とたくさんあることに気づいてもらえたようだ。

そのほかに「ドリンクバー」「飲み放題」をいいと感じる人が数人いた。確かに、そのようなシステムがファストフード店以外にもある国は、そんなに多くはないように思う。日本人のジュースやお酒の飲み方などにより、それでも元が取れると判断してのものなのかもしれないが、これも"楽しい"日本の飲食店のシステムと言えるだろう。

このアンケートは少数による回答なものの、外国からの来客をもてなす際に参考にしてみてはいかがだろうか。

調査時期: 2016年7月16日〜2016年8月15日
調査対象: 日本在住の外国人
調査数: 20人
調査方法: インターネット応募式アンケート

※本文と写真は関係ありません

(木口マリ)