『シカゴ・ファイア』

写真拡大

12月7日(水)よりリリースとなるレスキューアクションドラマ『シカゴ・ファイア』。今作が海外ドラマとしては史上初、東京消防庁の平成29年度消防官募集ポスターに採用された。

本作の舞台アメリカの大都市シカゴでは、1871年に「シカゴ大火」と呼ばれる大規模火災が発生。それをきっかけに世界に先駆けた近代的な消防組織が生まれたという背景がある。今回採用されたポスターは、「信じることで、共に闘える」をキャッチコピーに、制服に身を包んだドラマの登場人物が勢ぞろいし、「命を救う仕事をしたい」という人々の熱い思いを後押しするものになっている。

製作総指揮を務めるのは『LAW & ORDER』を生みの親、ディック・ウルフ。アメリカでは2012年に放送がスタートし、現在シーズン5が放送中。その人気は衰えることなく、『シカゴ P.D.』(警察)、「Chicago Med(原題)」(医療)、「Chicago Justice(原題)」(法廷)とシリーズが次々に製作されるほど全米では確固たる地位を確立している。

『シカゴ・ファイア』は12月7日(水)よりDVDレンタル開始、12月21日(水)にDVD-BOX(9,500円+税)が発売となる。(海外ドラマNAVI)