平井銀二役のリリー・フランキー ©テレビ東京

写真拡大

ドラマ『銀と金』の追加キャストが発表された。

【もっと画像を見る(13枚)】

1月7日からテレビ東京で放送系で放送される『銀と金』は、福本伸行による同名漫画をもとにした作品。ギャンブル中毒の男・森田鉄雄が裏社会の大物・平井銀二との出会いをきっかけに野望を抱き、大金を手にするために命を賭けて闘う様を描く。これまでに森田役を池松壮亮が演じることが発表されていた。

今回出演が明らかになったのは、日本経済界の支配を目論む大物フィクサーで、森田の才能と成長に期待して裏社会に引き込む平井役のリリー・フランキー。さらに裏社会に生きる元捜査一課エースの安田巌役をマキタスポーツ、情報収集によって銀二たちをサポートする元新聞記者・巽京子役の臼田あさ美、元東京地検特捜部の検事でブローカーの船田正志役を村上淳が演じる。

リリー・フランキーのキャスティングは原作者の福本の推薦から実現したという。また今回の発表とあわせて同作の新たな映像が公開された。

■リリー・フランキーのコメント
原作があるものを演じるのは、ファンの方もいるので難しいところもありますが、そこは福本先生のご指名、ということで温かい目で見守ってください。
発表まで「銀二は誰だ?」と、この作品の期待値が高まっているため、今回の銀二という大役への責任を感じています。
福本先生のセリフはドラマチックで口にするのは難しいのですが、原作のイメージと、現実のリアルさの間でどう演じるかを常に考えています。
裏社会のフィクサーになるような男の内側の部分を演じられたらと思っております。
連続ドラマの現場はあまり経験がなく、大変さもありますが、一緒にやっている人たちがおもしろいので、新しいものが創造されるのではないかと期待しています。

■マキタスポーツのコメント
非日常感がすごくあるし、極めている世界の出来事なので、非常に面白いなぁって思いながらやっています。基本的に悪党の部類に入る役ですが、その悪党の中でも全員が同じように均一に“悪”ではなくて、森田みたいな才能を持つ人間もいれば、僕が演じる安田みたいに危ない橋、危険な橋を渡らない、いわゆる“固いタイプ”のキャラクターもいたりするのが、人間社会みたいな感じがして面白い世界だなぁと思います。
一見、ありえない世界を描いているようですけど、福本先生が描いている世界は非常に人間臭い。普段は隠しているけど、それがむき出しになって暴かれた状態の先の物語を描いている。みんな心当たりがないことはないと思うんですよ。ただそれをしないっていうだけの話で。
自分の世界と関係ないように見えて、実は遠くなく、会社の中で自分がどう立ち振る舞っているのかということとかとすり合わせて重ね合わせてドラマを見ることができるんじゃないかなって思います。
あと、とにかく池松君。池松君の瞳にやられると思います。池松君がニコって笑った時に、視聴者のザッピングを止める力があるんじゃないかと思います(笑)

■臼田あさ美のコメント
原作では男の人のキャラクターをやっているので、またドラマは別のものになっていると感じています。「銀と金」は、もちろん裏社会の話なんですが、森田を除く4人が森田と再会するシーンがあって、あのとき、森田の笑顔に胸が熱くなり、微笑ましく見守る銀二さんとかを見ると「あぁ仲間なんだ」と思って...。物語上、もちろんスリリングなシーンはメインですし魅力的ですが、物語を通じて、森田が銀二さんに、人間的にも救われていくというか、駆け引きだけじゃなくそういう面白さもこのドラマにはあるなと、やっていて思います。あと、この5人でいるのが何とも言えない心地よさがあるので、それもちゃんと演技として出てればいいなと思います。

■村上淳のコメント
「銀と金」はもちろんですが、福本先生の作品はすごく惹かれます。
そして僕は、Vシネマというもので育った世代なのか環境だったのかもしれませんが、2017年に「銀と金」をこのキャストとやれることは、身が引き締まる思いです。
僕が演じる船田。実写にあたり制作陣および役者陣が必ずあたる、どこまで原作のファンの方々へ寄り添い、そして裏切れるかです。2017年バージョンとして船田に責任をもって挑ませていただきます。
深夜帯という期待に。そしてこのキャスト、スタッフと挑むことへ。
どうかご期待に応えられるようにと楽しんで現場に立っています。
楽しんでいただければと思います。

■福本伸行のコメント
僕が、平井銀二をリリー・フランキーさんにやってもらいたかったのは、役者リリーさんでなく、人間リリーさんの“清濁併せ呑む”雰囲気...それがもたらす、えも言えぬ迫力。要するに、悪人足りうる素質、素養をリリーさんに感じたからです!リリーさんなら、ある意味、素で、平井銀二、いけるんじゃないかな...って思いました!(笑)これはもちろん、絶賛、誉め言葉です!リリーさん、頑張って下さい!