パッケージからも高級感あふれる

ハーゲンダッツ ジャパンは2016年11月29日、「ハーゲンダッツ Specialite(スペシャリテ) 『ピスタチオ ベリー』」を全国のコンビニエンスストアで期間限定発売した。

厳選素材で、層構造を活かした味わいと見た目が楽しめる、この冬限定の創作アイスクリームデザートシリーズ「Specialite」が登場。ピスタチオアイスクリームに4種のベリーを使用したソース、グラハムクッキーを混ぜ合わせたブロンドチョコレートアイスクリームを組み合わせ、表面には銀ぱくをあしらった、豪華な一品だ。希望小売価格は449円(税込)。

ピスタチオファンには物足りない?

新作が出たら必ず食べてみるというファンも多く抱えるハーゲンダッツから、こちらもコアなファンがいるピスタチオフレーバーの商品が登場したということで、市販のアイスクリームとしてはなかなか強気な価格設定にもかかわらず、発売早々買い求める人が相次いでいるようだ。

ツイッターでは、

「ハーゲンダッツのピスタチオ激うまなんですけど...何これ...コンビニを買い占めしながらはしごしたい...」
「久々にハーゲンダッツがヒットした!ピスタチオうまっ!」
「450円てwwwwって最初は思ったけど、食べてみたらあらまぁ美味しい!!ピスタチオとベリーが想像以上に合う!!」
「ピスタチオが濃くてまろやかでラズベリーソースが甘酸っぱくて最高だった」

など、「ウマい」の声が続出だ。

一方、ピスタチオフレーバー好きからはちょっと厳しめの評価が。

「ベリーが強くてあんまピスタチオの味がしないような?ピスタチオの部分だけ売ってほし〜」
「もっと『ピスタチオォオォォォオ!!!!』って言うパンチが欲しかった」
「お値段スペシャリテの割にはピスタチオ感少なくて白目」

様々な味が重なっているのが特長の商品でもあるので、重厚なピスタチオ感を求めて食べると、肩すかしを食らってしまうのかも?