「まずはネット検索」で欲しい情報が遠ざかる

写真拡大

ビジネスマンであれば、企画書を作成するため、データ集めに駆け回った経験があるはず。リサーチャーの喜多あおいさんは、TV番組制作の仕事が中心だが、広告代理店のCM制作、一般企業のプロジェクトといった、TV局以外の仕事に参加することも多いそうだ。といっても、「TV番組制作でも、ビジネスでも、リサーチの基本は同じです」と、喜多さんは断言する。

「私はプロジェクトに関係ありそうな情報をすべて網羅してからそれらを分類し、価値ある情報に絞り込んで番組や企業に情報提供します。現在ではインターネットという便利なツールが普及していますが、最初からネットでリサーチするのはお勧めできません。検索ワードを選んだ段階で、すでに自分の思い込みが入っているからです。そうすると、集めたデータが偏ったものになり、リサーチが失敗する確率が高くなります」

喜多さんはリサーチを進める際に必ず、(1)書籍、(2)新聞、(3)雑誌、(4)ネット、(5)識者の順番で、情報源に当たる。それには明確な理由がある。

「書籍を最初に読むのは、テーマの切り口を見つけるのと、テーマに関する教科書として基礎知識を得るためです。書籍はそれぞれのテーマに関する情報を、その道の専門家が考察しながら体系的にまとめています。また、責任を持って有料で提供しており、信頼性が高く、価値ある情報だといえます。テーマについてどう理解し、掘り下げていったらいいのか、コンパスの役割を果たしてくれるのです」

次に活用するのは新聞。新聞の情報も、編集に携わる多数の人のチェックを経ており、信頼性が高い。喜多さんは毎日、全ページに目を通す。

「書籍は制作に時間がかかるのでタイムラグが生じ、最新情報が得られない。それをカバーするために、新聞のコンテンポラリーな情報が欠かせません」と喜多さんはいう。また、新聞は各紙の主義主張が明確なので、複数紙を読み比べることで、1つのテーマについて多面的な見方を身につけられる利点もある。

■締めの直接取材で情報の裏を取る

喜多さんは雑誌を読む目的を「情報のシャワーを浴びるため」と表現する。雑誌を手にしたら、すぐに全ページをパラパラめくるのが習慣だ。

「雑誌は、対象がセグメント化されていて、情報の密度が高いのです。書籍と新聞でベースを作ったら、テーマを深掘りするのに適しています。また、コピーが練られており、ビジュアルを工夫するなどわかりやすさを追求しており、情報をどのように提供したらいいかの参考にもなります」

ネットを活用するのは、ようやくその後になる。「この段階までくれば、頭のなかでリサーチの方向性や情報の選択基準が定まり、検索のための適切なキーワードが浮かんできます」と喜多さんはいう。それを手がかりにネット検索をかければ、お目当ての情報を手に入れられる。

最後が識者へのマン・ツー・マンの取材。生の情報を得たり、情報の裏を取ったりして、リサーチの精度を上げるのが主な目的だ。喜多さんは、「入念な準備をしていれば、取材で得られる情報の質は格段に上がります」と話す。

喜多さんが遵守するリサーチの手順は一見、非効率のようである。しかし、「これまでの経験上、価値ある情報を得るのに、最も時間がかからない方法」だと喜多さんは強調する。「急がば回れ」がリサーチの極意のようだ。

▼「欲しい情報にたどり着く」ための5つのステップ
[1]書籍を読む――専門家の研究成果から切り口を手に入れる
[2]新聞に当たる――識者の意見を含めた最新情報のチェック
[3]雑誌で情報のシャワーを浴びる――テーマを深掘りし、ビジュアルで理解を促進
[4]ネットで検索――取捨選択したキーワードで正確な情報ソースに到達
[5]マン・ツー・マンの取材――生の情報や裏取りで精度をアップ

----------

テレビ番組リサーチャー 喜多あおい
1964年、兵庫県生まれ。大学卒業後、出版社、新聞社などを経て、94年からテレビ番組リサーチャーの活動を開始。98年よりジーワンに参加、チーフリサーチャーを務めている。また、一般企業向けのリサーチも幅広く行っている。

----------

( 野澤正毅=文 南雲一男、宇佐見利明、加々美義人=撮影)