「ユニバーサルトレー方式」を採用

写真拡大

レンズなど各種光学機器を手がけるドイツ発のカールツァイス・ジャパン(東京都新宿区)は、VR(仮想現実)ヘッドセット「ZEISS VR ONE Plus」を2016年12月9日に発売する。4.7〜5.5型スマートフォンに対応する「ユニバーサルトレー方式」を採用。

独自の光学設計により装着時のピント位置調整が不要で、メガネをかけたまま装着できる。約100度の広視野角で、隅々まで歪みのない高精細なVR体験が可能だという。

「Google Cardboard SDK」対応で、iOS/Androidスマホどちらでも豊富なVRアプリを楽しめる。ヘッドストラップが付属する。

希望小売価格は1万5800円(税別)。