「ひるなかの流星」ポスタービジュアル (C)2017 フジテレビジョン 東宝 集英社
(C)やまもり三香/集英社

写真拡大

 女優でモデルの永野芽郁が初主演を務めた映画「ひるなかの流星」の特報映像が完成した。あわせて、永野に加え共演の三浦翔平、白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が写るポスタービジュアルも公開された。特報映像、ポスタービジュアルともに「先生に、恋した。」「同級生に、恋された。」というキャッチコピーが印象的な仕上がりになっている。

 2011〜14年に「マーガレット」(集英社刊)で連載され、累計発行部数200万部を突破したやまもり三香氏の同名コミックが原作。東京の学校に転校してきた女子高生・すずめ(永野)が、軟派な担任教師・獅子尾五月(三浦)と無愛想なクラスメイト・馬村大輝(白濱)との三角関係に揺れ動く姿を描き出す。「僕の初恋をキミに捧ぐ」「パラダイス・キス」「四月は君の嘘」などの新城毅彦監督がメガホンをとり、山本舞香、佐藤隆太、西田尚美らも出演している。

 公開された映像には、永野扮するすずめのナレーションが挿入されている。田舎から上京したばかりでまだ恋を知らないすずめが、獅子尾と馬村を紹介。やがて「私、多分、恋した」という甘酸っぱいセリフを発する。

 また、獅子尾がすずめを後ろから抱きしめたり、頭を優しく撫でる光景や、馬村が緊張の面持ちで「好きだ。大切にする」と告白し、やがてすずめと手をつなぎながら登校する様子など、胸キュンシーンの連続。すずめと馬村が互いの顔をぎりぎりまで近づけた“床ドン”など、原作を忠実に再現した名場面が目白押しだ。

 「ひるなかの流星」は、2017年3月24日から全国で公開。