【激レア車も来た】名車ゾロゾロ「谷保天満宮旧車祭」が開催!

写真拡大 (全38枚)

車両展示だけでなく圧巻のパレードも実施!

12月4日(日)に東京の国立市で「谷保天満宮旧車祭」が開催された。日本初の自動車倶楽部という、オートモビル・クラブ・ジャパンが主催するイベントで、全国各地から国産・輸入車問わずにレアなクルマが集結。

なぜに国立市で開催か? これは明治41年に有栖川宮威仁親王による先導で、日本で初のガソリン自動車遠乗会が開催された目的地が、今回のメイン会場となっている谷保天満宮だったことに由来する。今年で108周年を迎え、同イベントは5回目となるのだ。また、国立市はタクリー(タクシー)の街で、交通安全祈願発祥の地だという。

会場は谷保天満宮以外に近隣2カ所の駐車場を用意。普段はほとんど街なかでは見られない旧車に、見学者たちも興味津々といったところ。観覧無料ということもあり、朝10時30分の開始から老若男女が会場を行き交っていた。

展示の終了時間は14時。ずいぶん短いイベントだと思いきや、ここからさらにもうひと盛り上がりがあった。国立市のメインストリートである大学通りを、参加車が実際に走ったのだ。ハコスカやBMW2002、フェラーリなど、その時代の憧れのマシンが実際にエキゾーストノートを響かせる。沿道には近隣住民も見学に繰り出し、手を振り声援を送っていた。銀杏&桜並木がきれいに紅葉する通りを現代のクルマと旧車が行き交う姿は不思議な、そして素敵な光景だった。クルマに興味がない人も、偶然パレードに遭遇してワクワク感を共有できたに違いない。

閉鎖された特別な空間でのイベントも楽しいが、街と解け合ったこういったイベントも、旧車を身近に感じることができてまた楽しい。次回の開催も大いに期待だ。

(文・写真:GT-R magazine編集部 松本奈巳)

画像ギャラリー