現場仕事で使い倒せるタフネスぶり

写真拡大

パナソニックシステムネットワークスは、堅牢スマートフォン「TOUGHPAD(タフパッド) FZ-N1シリーズ」を2016年12月9日に国内法人向けとして発売する。

IP66/68準拠の防塵・防滴/防水性能を備えるほか、1メートルの高さからの2000回の連続落下試験や、80センチからのディスプレイ中央への鋼球落下試験などをパスした堅牢設計。また、盗難・紛失に備えて指紋認証センサーを搭載した。

騒音下でも快適通話、晴天でも見やすい液晶 「現場向け」機能満載

晴天下でも見やすい高輝度の4.7型(1280×720ドット)液晶ディスプレイは、手袋をしたまま、また水滴が付着してもタッチパネル操作ができる。騒音下でも快適な通話が可能だという「ノイズサプレッサー」、高輝度フォトライト付きカメラ、近距離無線通信「NFC」、「GPS」など現場で役立つ機能を搭載した。

そのほか主な仕様は、OSが「Android 5.1.1」、メモリーは2GB、内蔵ストレージはeMMC 16GB。microSDメモリーカードスロットを備える。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1をサポート。800万画素メイン、500万画素サブカメラ、容量3200mAhバッテリーを内蔵する。

NTTドコモ対応「FZ-N1GDPAAZJ」、au(KDDI)対応「FZ-N1GKPAAZJ」2モデルを用意する。

価格はオープン。