『8年越しの花嫁』にW主演する佐藤健と土屋太鳳

写真拡大

佐藤健と土屋太鳳のW主演で、意識の戻らない婚約者を待ち続け、日本中を涙で溢れさせた奇跡の実話が『8年越しの花嫁』として映画化されることがわかった。

佐藤健が殺しても死なない新人類に! 本広監督で『亜人』実写映画化

原作は、YouTubeに投稿された動画をきっかけに、「奇跡の結婚式」「号泣する実話」として一気に話題が広がり、テレビや新聞、ネットなど数々のメディアで取り上げられ海外にも拡散。2015年7月に「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされた、あるカップルに起きた感動の実話。

結婚を控え幸せ絶頂だった尚志と麻衣に、式の3ヵ月前、突然の不幸が襲う。麻衣が病気となり、一時は心肺停止、その後も長い昏睡状態に陥ってしまったのだ。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは「もう、ほかにいい人を見つけたら」と言われるが、尚志は諦めず彼女の回復を祈り続ける。その祈りが届いたのか、その後、麻衣は徐々に意識を取り戻すが、記憶障害により尚志の記憶を失ってしまう。ショックを受けながらも、来る日も来る日も麻衣のもとへ通い続ける尚志。そして、8年の年月が経った頃、2人に奇跡が訪れる、というストーリー。

佐藤が尚志役、土屋が麻衣役を演じる。2人の共演は、『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』(ともに14年)以来3年ぶり。カップル役は今回が初となる。瀬々敬久監督がメガホンをとり、脚本を、来年のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の脚本も手がける岡田惠和が担当する。

本作のモデルとなったのは、岡山県在住の中原尚志さん・麻衣さん夫妻。交際から2年目の記念日にプロポーズし、2007年3月の挙式に向けて準備をしていた06年末、麻衣さんを突然原因不明の病が襲う。その後、「抗NMDA受容体脳炎」という発症率が300万人に1人の難病と診断。長い昏睡状態とその後のリハビリを経て、8年後の14年12月に晴れて挙式。式場の運営会社が撮影したそのときの映像が15年2月に「8年越しの結婚式」としてYouTubeに投稿され、瞬く間に口コミで広がり話題となった。

本作出演について西澤尚志役の佐藤は「このドキュメンタリーを観た時の感動を今でも鮮明に覚えています。もちろん尚志さんと麻衣さんの八年間は、あの映像には収まりきらないほど壮絶で、しかしその中に、普通の人の一生分全部を足しても届かない程の大きな大きな愛があったのだと感じました。現実にこんな人生が有り得るのかと、心が震えました。そして奇跡は起きるものじゃなく起こすものなのだと、お二人に教えていただきました。僕達の作る映画は、尚志さん達が実際に送られた人生の感動には遠く及ばないかもしれません。しかしこの、あるカップルに舞い降りた奇跡の実話を、少しでも多くの方に伝えたいという想いで、この役を引き受けさせて頂きます」とコメント。

中原麻衣役の土屋は「私が出会った一冊の本。愛らしい表紙には、ひまわりのような新郎新婦。でも、その物語に刻まれていたのは、壮絶な奇跡でした。中原尚志さん・麻衣さん御夫妻、そして支えてこられた方々へ。お二人の純粋な愛を伝えて下さって、本当にありがとうございます。心からの感謝と共に、大切な記憶に真摯に向き合い、その日々を生きたいと思います」と述べている。

『8年越しの花嫁』は2017年1月上旬にクランクインし2月クランクアップ予定。2017年冬に全国公開となる。