ハン・ヒョジュ主演映画『愛を歌う花』、色彩鮮やかな韓服から妖艶さ漂うレトロなワンピース姿まで場面写真一挙解禁!

写真拡大 (全5枚)

【 7日=KEJNEWS 】『ビューティー・インサイド』のハン・ヒョジュ主演で贈る、1943年の激動の時代に翻弄されながらも歌と愛に生涯をささげた妓生(キーセン)の物語を描いた映画『愛を歌う花』が17年1月7日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開となり、映画公開に先駆けハン・ヒョジュやチョン・ウヒなど女優陣が着こなした美しい衣装が印象的な場面写真が一挙公開された。

この日解禁となった場面写真はハン・ヒョジュ演じる歌手を夢見る妓生ソユルや、チョン・ウヒ演じる人々の心を掴む歌声を持つヨニが色鮮やかな韓服からレトロな可愛らしいワンピースを着こなしている美しいシーンを切り取った数々。韓国ならではの華やかな衣装やセットの数々が悲劇の時代を生きた男女のドラマチックな物語を彩っていく。本作は1943年、大衆歌謡の黄金期にありつつ悲運の時代。ずば抜けた美貌と優れた歌唱力で最高の歌姫と称されるソユル(ハン・ヒョジュ)、心に響く天性の歌声を持つ幼なじみのヨニ(チョン・ウヒ)、そして最高峰の実力を誇る作曲家ユヌの歌と運命をめぐる3人の物語。映画は3人の男女の運命と才能をドラマチックに美しい音楽とともに描く。歌手を夢見た最後の妓生に隠された物語を描いた本作は、当時の大衆歌謡界と券番妓生の姿をスクリーンに蘇らせた点で大きな話題を呼んだ。激動の流れとともに大衆歌謡が抑圧されていく時代背景の中で、“民衆の心を癒やす歌”を歌いたいと切に願う妓生たちの夢に対する欲望と情熱、そして同じ男性を愛してしまったが故に生まれる狂おしいほどの嫉妬を彼女たちが紡ぐ歌にのせて綴られる感情の旋律は圧巻!ラスト終盤、何とも言えない切なさが押し寄せ、美しい余韻が残る新たな傑作が誕生した。

映画『ビューティー・インサイド』のハン・ヒョジュが歌手を夢見る最後の妓生ソユル役を演じ、清純味溢れる魅力から挑発的な女性の魅力まで、七変化する演技で観客を魅了。「応答せよ1994」で一躍スターダムに上がり演技派俳優として認められる存在となったユ・ヨンソクは当代随一の作曲家ユヌ役で、見事なピアノの腕前を披露。

さらに国内外の映画祭で数々の賞を受賞したことで世界的にその演技力を認められ話題になった映画『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』のチョン・ウヒは、人々の心を掴む歌声を持つヨニを演じ愛らしい女性の姿から絶望の淵に立たされた女の凄絶な叫びまで、各方面から関心を集めている。映画『愛を歌う花』は2017年1月7日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかロードショー。