J3でフル出場も果たした平川など、U-16アジア選手権を戦った選手を中心に18名。来年のU-17ワールドカップを見据えて、海外遠征でレベルアップを狙う。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 U-16日本代表が12月12日から21日まで行うチリ遠征のメンバーが発表された。今回はGK2名、DF6名、MF7名、FW3名の計18名。平川怜(FC東京U-18)や福岡慎平(京都U-18)ら、9月に開かれたアジア選手権のメンバーが半数以上を占める。
 
 また、J3の28節・長野戦でJ3リーグ最年少デビュー記録を15歳5か月1日に更新した久保建英(FC東京U-18)の招集は、U-19日本代表としてアルゼンチン遠征に帯同しているため見送られた。
 
 現地ではCOPA UC 2016に参加する。Bグループに入った日本は14日にU-17ウニベルシダ・カトリカ(チリ)、15日にU-16メキシコ代表、16日にU-16ペルー代表と対戦。17、18日は順位決定戦が開催される。
 
 チリ遠征に臨む登録メンバーは以下のとおり。
 
U-16日本代表 チリ遠征メンバー
【GK】
23 大内一生(横浜FCユース)
1 谷 晃生(G大阪ユース)
 
【DF】
17 松井蓮之(矢板中央高)
5 瀬古歩夢(C大阪U-18)
7 菅原由勢(名古屋U18)
3 小林友希(神戸U-18)
2 東 俊希(広島ユース)
18 山口和樹(C大阪U-18)
 
【MF】
16 井川 空(札幌U-18)
4 平川 怜(FC東京U-18)
14 原 尊(神戸U-18)
8 椿 直起(横浜ユース)
10 福岡慎平(京都U-18)
6 喜田 陽(C大阪U-18)
15 上月壮一郎(京都U-18)
 
【FW】
18 山田寛人(C大阪U-18)
14 棚橋尭士(横浜ユース)
13 中村敬斗(三菱養和ユース)