iPhone6sが突然シャットダウンする問題について、Appleはバッテリー交換対象としていた端末以外でも問題が発生すると発表しました。

現在、バッテリー交換対応中のiPhone6sシャットダウン問題

iPhone6sが突然シャットダウンする問題について、Appleは2015年9月から10月に製造された一部端末が対象として、バッテリー交換対象端末判定ページを開設、バッテリーの無償交換を開始しました。
 
Appleは中国向けサポートドキュメントで、今回の問題の原因を「製造中に空気に長時間露出したため」と説明していましたが、問題はAppleが想定していた以上に広い範囲で起こっているようです。
 
ユーザーの間では以前からiPhone6s以外のiPhoneでもシャットダウンする問題が指摘されており、Appleがこれを認めた形となりました。

来週、診断機能を盛り込んだiOSのアップデートを予告

現地時間12月6日にAppleが更新した中国向けのサポートページには、以下の追記があります。
 

一部のお客様から、影響を受けた範囲以外の端末でも、予期せずシャットダウンするとの報告をいただいています。そのうちの幾つかは、iPhoneが電子回路を保護するために発生する、正常なものです。
 
私たちは必要な情報を収集するため、来週に公開されるiOSのソフトウェアアップデートに、診断機能を盛り込む予定です。この機能により、バッテリーのパフォーマンスとシャットダウン問題に関する情報を集め、対策ができ次第、ソフトウエアアップデートとして公開する予定です。

 
来週、iOSのアップデートが行われることを予告していますが、これが現在開発者とベータテスター向けにベータ6が公開されているiOS10.2なのか、バグ修正版としてiOS10.1.2が公開されるのかは明かされていません。

 
 
Source: Apple via 9to5Mac
Photo:iFixit
(hato)