彼に「付き合って」と言われて付き合い始めたものの、最近なんとなく大事にされてない……と感じる女子もいるでしょう。もし付き合っていても彼にこれをされたらもう彼にとっては本命ではないのかも。男子が本命じゃない彼女にする態度はこれ。

デートはエッチありき

本命彼女とのデートは会うだけで嬉しいので、仮にエッチがなくてもいいんです(エッチがあるに越したことないけど)。もし、「最近デートしても必ず遅い時間から」とか「ご飯食べてエッチしてバイバイのデートばっかり……」というのであれば、彼女だけど、セフレよりになってきているかも。
愛情はないけど、手軽にエッチできるからキープのように扱われている可能性大。もしエッチなしのデートをしようとした場合、不機嫌になるならもう好きではないのかも。

誰にも紹介しない

長く付き合っていたら、少なからず誰かには紹介する場面が出てくるはずだし、本命彼女なら誰かに紹介したいと思ったりもします。結婚を考えているなら親に合わせたりもします。なのに、誰にも紹介してくれないとなると、付き合っていることをまわりに知られたくないのかもしれません。
「友だち紹介してよ」と言っても、なんやかんやで流すようなら本命ではないってことです。

体調を崩してもたいして心配しない

風邪をひいたときに心配の言葉だけでなく、看病してくれるなど、彼が行動を起こしてくれるならあなたは彼の本命でしょう。
でもLINEで「大丈夫?」と聞くだけでなにもしない、次の日「体調どう?」という連絡もないという場合は、彼があなたを心配してない証拠。体調を崩したときに心配の言葉だけで、なにもしてくれないのなら残念ながら本命ではないです。

真剣な話を避ける

あなたの悩みを聞いてくれない、適当に流す彼はあなたを大事にしていないです。普通大事な彼女が悩んでいたら心配だし、相談に乗ろうとするはず。悩みを相談してもめんどうくさがるのであれば、本命ではないでしょう。
また付き合って時間も経てば、いい年齢の場合、結婚を考えてもいいはず。彼に結婚の話をしても適当に流したり、今度でいいじゃんと後回しするのは将来を考えてないから。長く付き合っているのに、将来の話に背を向ける態度をとる場合、残念ですが本命ではないでしょう。

「忙しい」で片付ける

本命彼女には忙しくてもそうそう「忙しい」と言う言葉を使わなかったりします。「今日は会議で、明日は出張だから、会えるのは来週かな?」と丁寧に言います。ですが、本命ではなくなると「忙しいから」と一言で片づけようとしがち。「忙しい」という言葉が増えてきたら彼のなかのあなたの本命度が下がってきた証拠かも。