写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2017年1月28日公開の映画『キセキ-あの日のソビト-』の完成披露舞台あいさつが6日、東京・有楽町の丸の内TOEIで行われ、松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、兼重淳監督が出席した。

顔を一切出さないアーティストとしてオーディエンスから絶大な人気を博しているGReeeeNの、名曲「キセキ」の誕生秘話を松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描いた本作。そんな本作が初めて観客にお披露目されたこの日は、上映前の舞台あいさつに松坂と菅田らキャスト陣と兼重監督が登壇した。

JIN役の松坂が「この作品に入る前にJINさんとお会いしたら言葉に説得力がある方で、そんな方を演じるのは雲を掴むような難しさを感じると思ったんです。でもJINさんとお話したことで素直に現場に入れた感じがしました」と明かし、HIDE役の菅田も「GReeeeNさんは顔が知らないだけに色んなイメージがあり、どれだけ近づけるか分かりませんでしたが、ナチュラルにやるという感じでした」と自然体で撮影に臨んだ点を強調。HIDEの恋人・理香役の忽那は「今回は本当に何も考えずに演じました。皆さんがライブのシーンとか本当に素で楽しんでいる分、考えて計算してというよりも楽しんでナンボかなと思って、気を抜いてやっていたので楽しかったです」と満足げで、恋人役の菅田については「喋らなかったんですけど、壁とかを全く感じませんでした。数日しか撮影がないとお邪魔している感じがあったりするんですが、数時間で解れる感じでした」と好印象の様子だった。

GReeeeNの名曲「キセキ」を描いた本作にちなみ、「2016年に起きた奇跡は?」という質問に「結婚」と回答した松坂に「有田さんのパターン?」と菅田が前日に番組で結婚発表したくりぃむしちゅー・有田哲平と同じように自身の結婚と驚くも、当の松坂は「僕ではないです(笑)」と否定しながら「相手役で共演した方がことごとく電撃結婚するんです。『梅ちゃん先生』の堀北真希さんに始まり、最近では木村文乃さん。自分には全くいいことはないんです」と不満顔。また、忽那は今年になり人生で初めて財布を落としたといい「本当にパニックを起こしていたら、京都の交番にちゃんとありました。拾ってくださった方に後日お礼を言いにいきました。すみません。超現実的なことで(笑)」と苦笑いを浮かべていた。映画『キセキ-あの日のソビト-』は、2017年1月28日より全国公開。