左から志村新八役の菅田将暉、坂田銀時役の小栗旬、神楽役の橋本環奈 (C) 空知英秋/集英社 (C) 2017「銀魂」製作委員会

写真拡大

週刊少年ジャンプで連載中の同名人気コミックを、小栗旬主演、福田雄一監督で実写映画化する『銀魂』。この映画より坂田銀時、志村新八、神楽のキャラクタービジュアルが解禁となった。

小栗旬主演で『銀魂』を実写映画化。原作者「コケてもいいから見てみたい」

本作は、宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていたパラレルワールドの江戸が舞台。主人公は、そんな時代に己を信じる侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時で、彼とひょんなことから出会った仲間の身に起きる様々な事件を描いた作品だ。

万事屋(なんでも屋)の坂田銀時役を小栗が演じるのを筆頭に、菅田将暉(志村新八役)、橋本環奈(神楽役)、長澤まさみ(新八の姉・妙役)、岡田将生(桂小太郎役)、ムロツヨシ(平賀源外役)、中村勘九郎(近藤勲役)、柳楽優弥(土方十四郎役)、吉沢亮(沖田総悟役)、新井浩文(岡田似蔵役)、佐藤二朗(武市変平太役)、菜々緒(来島また子役)、安田顕(村田鉄矢役)、早見あかり(村田鉄子役)、堂本剛(高杉晋助役)と、豪華キャスティングも話題を呼んでいる。

そうした中、満を持して解禁となったのが、銀時役の小栗、新八役の菅田、神楽役の橋本のキャラクタービジュアル。

小栗は2ヵ月間に渡るアクショントレーニングで逞しく体を鍛え上げたほか、地毛も銀髪に染め上げ、さらにウィッグを使い銀時の特徴的な天パ姿を完全再現。トレードマークともいえる“洞爺湖”土産の木刀を手に、強い眼差しを向けているビジュアルになっている。

菅田扮する新八は、姉の妙(長澤まさみ)とともに、廃刀令のあおりで閉鎖の危機に陥った父親の遺した剣術道場を切り盛りしている少年で、ひょんなことから銀時と出会い、万事屋で働くことになる人物。ヘタレだが、侍としての強い信念を持ち合わせている。物語の要とも言える重要なツッコミ役でもあり、メガネキャラをいじられ続ける隠れた人気キャラクターだ。

橋本演じる神楽は、宇宙最強ながら絶滅寸前の戦闘種族・夜兎(やと)族の生き残り少女で、同じく銀時の万事屋で働いている。旺盛な食欲は他の追随を許さず、可愛らしい容姿とは裏腹に毒舌でだらしのない性格というギャップが魅力の人気キャラクターで、橋本は地毛をオレンジ色に染め、青い瞳、チャイナ服姿で容姿を見事に再現している。

『銀魂』は2017年夏に全国公開となる。