仲良し!松坂桃李&菅田将暉

写真拡大

 俳優の松坂桃李と菅田将暉が6日、丸の内TOEIで行われた映画『キセキ -あの日のソビト-』の完成披露舞台あいさつに忽那汐里、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、兼重淳監督と登壇、お互いにぶつかり合うケンカシーンの撮影エピソードを語った。

 本作は音楽グループGReeeeNの代表曲「キセキ」誕生秘話を映画化した青春ドラマ。GReeeeNのプロデュースを手掛けてきたJIN(松坂)とその弟であるリーダーHIDE(菅田)の青春期のエピソードを基に、兄弟が家族や仲間との衝突を経験しながらも音楽を志して突き進む姿が描かれている。

 ケンカのシーンで松坂に腕を掴まれる場面があると説明する菅田は、「アザになって一週間くらい治らなかったです」と撮影秘話を語る。それを聞いた松坂が「ごめん!」と謝ると、「でも、それくらい強かった事に気づかなかったのはいい傾向だと思いました。楽しかったです」と笑顔を見せた。ただ菅田の暴露はなおも続き、「(松坂が)リハーサルから力を抜かないあまり、衣装が破れることもあった」と明かした菅田は、「暴走機関車でした」とその時の松坂の様子を振り返って会場の笑いを誘った。

 また、ライブや歌唱シーンも魅力である本作。冒頭のライブシーンで歌声を披露している松坂は、「歌は苦手で『プロデューサーの役なので歌わないです』と言われていた。でも、できあがった台本を見たら1ページ目から歌っているので騙されたと思って」と苦笑い。「恥ずかしかったです。今回が最後ですね。ずっと歌とホラー作品はちょっとと言っていたので」という松坂に、「(ライブ中の)マイクを持つ手がエロいです。あれ見所ですね」とすかさず菅田がつっこんで茶化していた。(取材・文:中村好伸)

映画『キセキ -あの日のソビト-』は2017年1月28日公開